表示名称、原料、処方例の検索ができる化粧品技術者のためのデータベースサイト

新着情報

原料情報 2021-04-14
(株)GSIクレオス様からの原料情報追加 new
・スキンケア、ヘアケア等幅広い処方に可能な紫外線吸収剤、オイル・アルコールに可溶化できる『JEESCREEN ODP』 ・多くの精油、香料に対して素晴らしい可溶化力を示し、容易に透明性の高い水溶液を調整可能なラウリン酸ポリグリセリル-10などを含む『RESASSOL APOSTROPHIE』の2件の原料情報をご提供いただきました。 詳細は『◆追加原料』からご確認ください。 ◆追加原料
原料情報 2021-04-13
アシュランド・ジャパン(株)様からの原料情報追加
・天然由来のホップエキスで、抗菌性とマイルドな花のようなスパイシーな香りがある『Conarom B (コナロム B)』 ・有機溶剤分散性皮膜形成剤および増粘剤で、日焼け止めオイル、メイク落とし、カラー化粧品などの無水処方に使用可能な『Aqualon EC-N200 PC (アクアロン EC-N200 PC)』 ・コンズランゴの樹皮からの油溶性抽出物で、抗炎症作用がある『Serenityl (セレニシル)』 ・少量でも抗真菌性を高める作用があり、高用量では幅広い抗菌スペクトラムを持つ『Optiphen DLP (オプティフェン DLP)』の4件の原料情報をご提供いただきました。 詳細は『◆追加原料』からご確認ください。 ◆追加原料
原料情報 2021-04-12
DSP五協フード&ケミカル(株)様からの原料情報追加
・国産ヒシから得られたエキスで、ヒシの果皮にはポリフェノールが含まれており、収斂作用、美白作用、抗老化作用に期待できる『ヒシ果皮エキス』 ・国産原料を用いて水蒸気蒸留によって抽出し、防腐剤を一切使わない処方で仕立てており、処方の水の一部、もしくは全量を置き換えて使用可能な『ローズマリー水』『レモングラス水』『月桃葉水』の4件の原料情報をご提供いただきました。 詳細は『◆追加原料』からご確認ください。 ◆追加原料
原料情報 2021-04-09
ミヤコ化学(株)様からの原料情報追加
・山梨大学ワイン科学研究センターとの共同開発商品で、日本固有種である「甲州ぶどう」を使用し、まぼろしの湖と呼ばれる「赤池」から採取された酵母によって発酵した商品『甲州ぶどう酵母発酵液』の原料情報をご提供いただきました。  表皮細胞賦活効果、肌のバリア機能の改善や紫外線による炎症抑制の効果が期待できます。 詳細は『◆追加原料』からご確認ください。 ◆追加原料
原料情報 2021-04-08
興和(株)様からの原料情報追加
・インド、スリランカ、ミャンマーで育つ樹木のタナカ(リモニアアシジシマ)で、チロシナーゼの阻害、酸化防止などの特徴がある『thanaka extract』 ・チロシナーゼ酵素阻害剤として作用するカジノールFが多く含まれているメラニンの生成を抑制するカジノキのエキス『Paper Mulberry Extract』の2件の原料情報をご提供いただきました。 詳細は『◆追加原料』からご確認ください。 ◆追加原料

Google News

「ディープ プラセンタエキス原液」を発売/協和
... こと※7 年齢に応じたお手入れ※8 H・B フーズマーケティング便覧2014~2018 No.2 2012~2016年商品実績(株)富士経済※9 化粧品原料として.
三洋貿易は調整一巡、21年9月期減益予想だが上振れの可能性
... アズロと非連結子会社のNKSコーポレーションを合併(新社名は三洋ライフマテリアル)した。20年11月には、健康食品原料や化粧品原料を ...
三洋貿易は調整一巡、21年9月期減益予想だが上振れの可能性
... した。20年11月には、健康食品原料や化粧品原料を中心とする化学品輸出専門商社のグローバル・トレーディングを子会社化した。20年12月には非 ...
化粧品で講座開講‐オープンカレッジ 東京理科大学
化粧品の成り立ち=鈴木敏幸(東京理科大理工学部客員教授・6月26日)、化粧品の基礎界面化学(同教授・7月10日)、化粧品原料=早瀬基(花王 ...
化粧品の概念へ挑む、最先端の研究「ヒト幹細胞培養液」と特許技術「プラズマプラセンタ」を ...
その培養液を化粧品原料として活用され、積み重なる年齢の肌悩み、活力あるトータルエイジングケア(*4)として期待が高まっています。 ◇技術 ...
細胞農業アプローチ 培養肉技術活用で化粧品原料を開発 インテグリカルチャー
卵の胎盤様組織にある3種類の細胞の培養上清液を新規化粧品原料「セラメント」として開発し、商品化した。セラメントは、米国パーソナルケア製品 ...
化粧品およびスキンケア市場における破壊的技術2021年の成長因子、最新の上昇傾向および2025年 ...
化粧品およびスキンケア市場におけるグローバル破壊的技術に関する新たに発表された研究レポートは、市場と業界の概要を説明する多くの詳細で ...
化粧品向け】ヘッドレスコマースサイト制作サービス 「UnReact 化粧品ヘッドレスコマース」を ...
モダンな技術を使用できるため、超高速なサイトが出来上がります。 ②世界で流行中世界規模で圧倒的な成長を遂げているD2Cブランド企業である「 ...
化粧品で講座開講‐オープンカレッジ 東京理科大学
... 月15日)、化粧品の科学技術史=南野美紀(ベルヴィーヌ副社長・5月29日)、化粧品をめぐる心理学=阿部恒之(東北大学大学院教授・6月12日) ...

Googleカスタム検索