表示名称、原料、処方例の検索ができる化粧品技術者のためのデータベースサイト

新着情報

カテゴリー

書庫

2021年
2020年
2019年
2018年
2017年
2016年
2015年
2014年
2013年
2012年
2011年
2010年
2009年
2008年
2007年
2006年
2005年
業界情報 Scientific Literature Reviewの更新 new

CIR [Cosmetic Ingredient Review] より該当成分のScientific Literature Reviewが更新されています。
・『ジイソステアリン酸PEG/PPG-8/3ジイソステアリン酸PEG-15BGジイソステアリン酸PEG-10グリセリルジイソステアリン酸PEG-15グリセリルジイソステアリン酸PEG-20グリセリルジイソステアリン酸PEG-30グリセリルジイソステアリン酸PEG-60グリセリルジミリスチン酸PEG-12グリセリルジオレイン酸PEG-12グリセリルジステアリン酸PEG-4グリセリルジステアリン酸PEG-12グリセリル、ジステアリン酸PEG-23グリセリル』(2021年6月8日)
詳細は該当成分よりご確認ください。

原料情報 一丸ファルコス(株)様からの原料情報追加

・アルニカの花より得られるエキスで、皮下脂肪細胞の増殖や分化を促し、肌のボリュームアップにより、老け顔の象徴であるしぼみ肌の改善が期待できる『アデプルン』
・ピンクカーネーションの花より得られるエキスで、III型コラーゲンの産生や成熟化を促し、肌の柔らかさ向上やマスク跡・寝跡などの肌跡付き防止が期待できる『ベビコラ』
・シロツメクサの多葉性株の全草より得られるエキスで、エラスチン産生を促し、口角アップや頬のリフトアップが期待できる『ハピクロ』
詳細は『◆追加原料』からご確認ください。
◆追加原料

原料情報 ソルベイ日華(株)様からの原料情報追加

・不溶性のセルロース繊維により3Dネットワークを形成し、処方の粘度に影響を与えることなく、処方中の成分の沈降を防止する『Rheozan® BLC』
・エッセンシャルオイル、香料等の親油性成分への可溶化剤として利用できるPEG-40水添ヒマシ油の『Alkamuls® CRH 40』の原料情報をご提供いただきました。
詳細は『◆追加原料』からご確認ください。
◆追加原料

原料情報 ソー・ジャパン(株)様からの原料情報追加

・主に細菌に効果あるベンジルアルコールの『Microcare® BNA』
・pH 5以下で効果ある対細菌用安息香酸Naの『Microcare® NB』
・pH 5.2以下で効果ある対真菌用ソルビン酸Kの『Microcare® KS』
・pH 6以下で効果ある対真菌用サリチル酸Naの『Sodium Dehydroacetate』、デヒドロ酢酸Naの『Sodium Dehydroacetate』などの11件の原料情報をご提供いただきました。他に成分を組み合わせた原料もあります。
詳細は『◆追加原料』からご確認ください。
◆追加原料

処方例 (株)ナノエッグ様から処方例追加情報

CITE JAPAN2021にて配布した化粧水サンプル2品の処方例をご提供頂きました。
・水分だけでなく油分も補給できる化粧水で、とろみなくさっぱりとした使用感であり、「NANOCUBER」にコラーゲンをプレミックスした独自原料により、肌のハリ・弾力改善をサポートする効果がある『ナノキューブ+CLローション』
・水分でお肌を満たせる保湿化粧水で、ちょうど良いとろみある製剤であり、「NANOCUBER」にヒアルロン酸をプレミックスした独自原料により、肌の保湿・肌バリアの改善をサポートする効果がある『ナノキューブ+HAトナー』の2品となります。
詳細は『◆処方例』からご確認ください。
◆処方例

原料情報 エア・ブラウン(株)様からの原料情報追加

・中国・チベット原産のムラサキウマゴヤシ(アルファルファ)で、ブルーライトから肌を守るとともに、ダメージを受けた肌のリペア機能も併せ持ち、抗酸化作用も備わっている『Urbluray MS』の原料情報をご提供いただきました。
詳細は『◆追加原料』からご確認ください。
◆追加原料

処方例 大阪ガスケミカル(株)様から処方例追加情報

『ミネラルフェイスパウダー (さらさらタイプ)』の処方例をご提供頂きました。
配合原料の特徴:OVEIL CR1は球状で転がり性が高く、さらっとした使用感が期待できます。OVEIL CR1、OVEIL GR2はソフトフォーカス効果が高く、肌をきれいに見せる効果があります。OVEIL GR2は吸油量が高く、化粧崩れ防止効果があります。OVEIL DR1は皮脂などの吸収力も高く、化粧崩れを抑えることが期待できます。
詳細は『◆処方例』からご確認ください。
◆処方例

原料情報 (株)GSIクレオス様からの原料情報追加

・北極水から採取された緑藻類(ヘマトコッカスプルビアリス)の原料で、加齢やストレスで乱れがちなECM(細胞外マトリックス)バランスを調整し、ハリ・シワ・ストレッチマークの改善に期待できる『ALGAKTIV Uplift 10x』
・ハーブマリアアザミの花から抽出したエキスで、老化細胞を選択的に除去し、顔だけでなくデコルテエリア(首から胸)の深いしわ、たるみの改善に期待できる『Celyscence』
・水不足に耐える永遠の花“ヘリクリスムストエカス”由来で、皮膚バリアの損傷と炎症による乾燥状態の改善に期待できる『HYDRACHRYSUM™』
・バタフライピーの花から抽出したエキス末で、pHにより赤(酸性)⇔青(中性)⇔緑(アルカリ性)に変化する『色ノ源 <イロノモト>バタフライブルー™』などの6件の原料情報をご提供いただきました。
詳細は『◆追加原料』からご確認ください。
◆追加原料

原料情報 岡畑興産(株)様からの原料情報追加

・植物由来の肌に優しい抗炎症剤で、ウズベキスタンの甘草農園と長期契約、また、中国国内に自社の甘草農園も保有することで原料の調達安定性を確保している『Dipotassium glycyrrhizateII』の原料情報をご提供いただきました。
詳細は『◆追加原料』からご確認ください。
◆追加原料

原料情報 コネル・ブラザーズ・ジャパン(株)様からの原料情報追加

・耐塩性に優れるノニオン型水溶性ポリマーで、リッチな外観でありながら、毛髪や肌の上でのびのある性状となるヒドロキシエチルセルロースの『Natrosol 250 (ナトロゾール 250)シリーズ』の6件の原料情報をご提供いただきました。(※グレードによって、水溶液粘度が異なります。)
詳細は『◆追加原料』からご確認ください。
◆追加原料