表示名称、原料、処方例の検索ができる化粧品技術者のためのデータベースサイト

処方例 詳細 

ナノキューブ+HAクリーム
提供 株式会社ナノエッグ[公式サイトへ]
剤型分類 O/W型フェイスクリーム
特長 CITE JAPAN2021にて弊社ブースにお越しくださった方へ配布したクリームサンプルです。
油分を適度に配合しており、伸びが良くコクのある感触でありつつも肌にしっとりとしたうるおいを与える製剤です。

経皮浸透を促進するナノエッグ独自原料「NANOCUBE®」にヒアルロン酸をプレミックスした「NANOCUBE+HA」を添加してます。
任意に追加した美肌成分の効果アップに期待ができるだけでなく、ヒアルロン酸の浸透によって肌の保湿・肌バリアの改善をサポートする効果があります。

この処方は弊社原料の特長を周知すべく、商品開発に携わる方に向けて鋭意検討したものです。
弊社で可能な限り確認をしておりますが、本処方を活用した製品等の品質・安全性・産業財産権の保証はいたしかねます。
処方箋
原料名化粧品表示名称配合量(%)
A精製水to 100
グリセリン6.00
BG7.50
アミノコート1.70
HYDROVACE1.60
SEPIMAX ZEN0.10
B精製水9.80
CARBOPOL ultrez 200.20
CKAK 994.50
KAK TTI3.40
KF-96A-350cs0.10
ベヘニルアルコール651.60
脱臭セタノール0.80
レオドール MS-165V0.80
NIKKOL HCO-600.80
D精製水1.96
水酸化カリウム0.04
E精製水2.00
NANOCUBE+HAヒアルロン酸Na、グリセリン、スクワラン、水、オクチルドデセス-201.00
F防腐剤適宜
調製方法
  1. A相を室温で混合したらB相を添加し、70℃~80℃まで加温する。
  2. C相を70℃~80℃まで加温したら、主釜へ添加する(4,500rpm, 5分)。
  3. 適度に撹拌しながら40℃までゆっくりと冷却する(0.5℃/分)。
  4. D相を主釜へ添加する。
  5. E相を室温で均一に混合した後、主釜へ添加する。
使用原料
お問い合せ
(株)ナノエッグ
法人営業部
電話:03-6455-5923
FAX:03-6455-5924
e-mail:material@nanoegg.co.jp
お気に入りへ登録