過去のお知らせ
メルマガ登録しませんか?(毎日配信ではありません)

 日頃よりCosmetic-Info.jpをご利用頂きありがとうございます。
 Cosmetic-Info.jpでは、新しく登録された原料、表示名称、処方例や注目すべき薬事情報、新機能などの最新情報をメールでお届けしております。
 技術テーマのヒントや新製品アイデアの一つとしてご活用ください。
★★登録画面★★

原料情報追加

 (株)成和化成様から、紫外線吸収剤を90%内包し、アミノ酸の1つであるセリンを使用したマイクロカプセルで、紫外線吸収剤が直接接触することを回避でき、べたつきが抑えることができるだけでなく、水への分散性に優れた『Silasoma® SP』「メトキシケイヒ酸エチルヘキシル、ジエチルアミノヒドロキシベンゾイル安息香酸ヘキシル」。羊毛由来のタンパク質を加水分解して得られたケラチンペプチドで、数平均分子量1000で、 毛髪内部に浸透し、毛髪のハリ・コシを回復した『Promois® WK-HSP』「加水分解ケラチン」。毛髪のアンチエイジングに優れた効果を発揮するアミノ酸誘導体で、エイジングによって低下した毛髪のハリコシを回復させ、髪にボリュームを付与することができる『Aminoreact® TsV』「トシルバリンNa」などの3件の原料情報をご提供いただきました。
◆追加原料

原料情報追加

 日本精化(株)様から、水素添加大豆リン脂質、大豆リン脂質、フィトステロール、トコフェロールの複合体で、安定なリポソーム液を形成し、 ヒアルロン酸産生促進、メラニン生成抑制、活性酸素抑制効果抗シワ効果を併せ持つ『PrimeLipid PI』。水素添加大豆リン脂質とオリザノールとの複合体で、どんな油剤でも乳化することができる乳化剤であり、べたつかない感触を両立した処方を製剤でき、オリザノールによる抗酸化作用がある『Phytocompo-OR』。サトウキビ由来の多糖体であるイヌリンで、さらさら感を付与し、ポリオールや増粘多糖類のべたつきを抑制し、粘度を変えずに感触改善が可能な『Inulin-SC』などの4件の原料情報をご提供いただきました。
◆追加原料

原料情報追加

 (株)イクノス様から、酸化ストレスに対して非常に高い耐性を持つ紫赤色の微細藻類から得られたバイオテクノロジー抽出物で、疲れた肌をデトックス、酸素供給&活性化し、均一で明るい疲れた印象のない肌に効果が期待できる「加水分解紅藻エキス」の原料情報をご提供いただきました。
◆追加原料

原料情報追加

 (株)エル・ビー・エイチ(LBH)様から、低分子量の多糖類とペプチドを豊富に含むため、肌なじみや肌への浸透性に優れ、保湿効果がある『Akomarine-Active Complex「加水分解アルゲエキス」「トチャカ」』。含有されている微量元素やピロリドンカルボン酸(NMF(天然保湿因子)の約12%を占める成分)により、肌への優れた浸透性の他に皮脂調整や抗菌活性も期待される『Akomarine-PCA complex「アルゲエキス」』。海藻(スピルリナ)由来のカロチノイド(βカロチン)とビタミン(ビタミンE)が、豊富に含まれる原料で、多くのミネラルと微量元素により代謝の補助が期待できる『Akomarine-Spirulina「スピルリナプラテンシスエキス」』などの3件の原料情報をご提供いただきました。
◆追加原料

化粧品の成分表示名称リスト No.35

 粧工連発行の「化粧品の成分表示名称リストNo.35」に掲載された表示名称を追加しました。これで化粧品の成分表示名称データベースは14,233件になりました。
 一部は弊社の判断にて修正した箇所もあります。もしご利用されている際に、入力ミスや何かお気づきになられた場合は、メールなどでお気軽にご連絡ください。

原料情報追加

 (株)成和化成様から、バイオインスピレーション(生体模倣)に基づいた発想から生まれたヘアケア原料で、優れた保水力を持つ(ペルベチアカナリクラタ)という藻類のエキスと樹木由来のキシリトール誘導体からなり、多様な髪質に対して、有効に働く『XYLISHINE』「ペルベチアカナリクラタエキス」の原料情報をご提供いただきました。
◆追加原料

原料情報追加

 (株)エル・ビー・エイチ(LBH)様から、9月の誕生石で、酸化アルミニウムの宝石の一種である『Akoshine-Sapphire』。7月の誕生石で、健康を保ち、傷から身を守るものと言い伝えられている『Akoshine-Ruby』。7月の誕生石で、微小血流を活性化し、肌問題を改善すると信じられており、ギリシャ語で「壊すことができない」の意味を持つ「ダイヤモンド末」天然系の『Akoshine-Diamond N』合成系の『Akoshine-Diamond S』『Akoshine-Black Diamond』の種類があります。ラグジュアリーなスキンケアやメイクアップ製品のコンセプト原料として、ご活用いただける原料情報をご提供いただきました。
◆追加原料

CITE Japan 2019 に出展します。

 5月15日(水)から開催されるCITE Japan 2019に久光工房も出展します
★原料メーカー様向け
 Cosmetic-Info.jpに登録した際の費用対効果やメリット・デメリットどうなのよー!?・・・を知りたいなーなど、素朴なご質問でも構いませんので、お気軽にお声がけください。
★製造メーカー様向け
 設計処方から化粧品全成分リスト、部外品申請処方、部外品全成分リスト、INCIリスト、中文名称リストの自動作成もできる化粧品処方情報管理システム「CFMS」を展示します。
 全成分リストの作成や、自社化粧品処方情報の効果的な管理に「うー、システム費用抑えたい」・・・などお悩みの研究員や薬事担当の方、ぜひ弊社ブースでCFMSを体験してください。
 中央出入り口付近の「CO-4」(端っこの小さなブース)でひっそりとお待ちしております。

原料情報追加

 (株)日本触媒様から、デトックス効果やセルライト減少効果がある『IAA 50』「アシエキス」、しわの改善効果がある『LIFTISS (SB) SN』「バオバブ果実エキス」、抗炎症、バリア機能改善に期待できる『MARIGOLD HYDROGLYCOLIC EXTRACT (BG)』「トウキンセンカ花エキス」、エモリエント効果がある『AQUASILOIL INCA INCHI』「プルケネチアボルビリス種子油」『GRAPE SEED ORGNIC OIL C00031』「ブドウ種子油」などの20件の原料情報をご提供いただきました。
◆追加原料

化粧品の成分表示名称リスト No.35

 粧工連から2019年3月29日に「化粧品の成分表示名称リストNo.35」が発行されました。160件の新規名称が掲載されています。情報の入力作業を開始しましたのでCosmetic-Info.jpでの掲載までしばらくお待ちください。

原料情報追加

 (株)エル・ビー・エイチ(LBH)様から、天然宝石を粉末化した原料です。10月の誕生石で、微細な珪酸球が規則正しく並ぶと虹色に見える遊色効果と呼ばれる現象を示す『Akoshine-Opal』。10月の誕生石で、クリアで柔らかい肌をもたらし、シワを防ぐと言われている『Akoshine-Rose Quartz』「石英」。6月の誕生石で、南太平洋フレンチポリネシアの海で育った貴重な黒真珠から得られた『Akoshine-Black Pearl』。2月の誕生石で、瞑想のための石として人気が高い紫水晶の一種『Akoshine-Amethyst』の4件の原料情報をご提供を頂きました。
◆追加原料

原料情報追加

 ロケットジャパン(株)様から、エンドウデンプンが持つユニークなアミロースとアミロペクチンの含有比率が、透明で柔軟性のあるフィルム形成に寄与する『Beauté by Roquette® ST720』「ヒドロキシプロピルデンプン」。非常にソフトで滑らかな質感が特徴のポテトスターチベースの植物由来感触改良剤『Beauté by Roquette® ST118』「カルボキシメチルデンプンNa」の2件の原料情報をご提供いただきました。
◆追加原料

原料情報追加

 山川貿易(株)様から、チロシナーゼ産生量の調整に関わるmiRNA 490-3pの発現量を高めることにより、メラニンの過剰生成によって引き起こされる肌の色むらやシミを軽減する効果が期待できる『DN-Aura (BC10011)』「デューク葉エキス」の原料情報をご提供いただきました。
◆追加原料

原料情報追加

 (株)高研様から、国産米の米ぬかより圧搾抽出して、物理精製法にて精製したノンケミカル製法の植物由来オイルで、アンチエイジング(美白作用のあるγ-オリザノールを含有)し、UV吸収の効果に期待できる「コメヌカ油」の原料情報をご提供いただきました。「医薬部外品原料規格2006」適合品です。
◆追加原料

原料情報追加

 (株)エル・ビー・エイチ(LBH)様から、天然宝石を粉末化した原料で、遠赤外線の放出によって肌温度を上げ、血液流量の増幅効果により肌色を改善する働きがあると信じられている「トルマリン」。血流を促進し、くすんだ肌の見た目を改善すると考えられている「トパズ」。傷を治し、肌のハリを改善する目的で使用されることもあり「ネフライト末」。感情のコントロールを助け、心の落ち着きをもたらすと言われているムーンストーンこと「月長石末」の4件の原料情報をご提供いただきました。
◆追加原料

原料情報追加

 山川貿易(株)様から、メラニン生成阻害作用(B16細胞)し 、年齢によるシミの色を減少させ、肌の輝度を改善する効果がある「ショウガ根茎エキス」。コラーゲンIの合成し、唇のシワ改善に効果がある「アシアチコシド」。皮脂量&組成は変化させずに、皮脂のテカリ・皮脂の粘性抑制・抗ニキビ作用がある「ペポカボチャ種子エキス」などの5件の原料情報をご提供いただきました。
◆追加原料

原料情報追加

 阪本薬品工業(株)様から、外原規適合品の植物由来原料。ポリグリセリン-4とオレイン酸のエステルで、エモリエント剤や親油性乳化剤として利用できる「オレイン酸ポリグリセリル-4」。ポリグリセリン-10とミリスチン酸のエステルで、親水性乳化剤として利用できる「ミリスチン酸ポリグリセリル-10」の2件の原料情報をご提供いただきました。
◆追加原料

原料情報追加

 (株)イクノス様から、抗フリーラジカル、UVA-UVBからの保護に効果がある「イヌラビスコサ花/葉/茎エキス」。角層バリアの再構築に関与する因子を増加し、肌のキメを整え滑らかにする効果やシワの量と面積を減少する効果などがある「クロレラエキス」「ローズマリー葉エキス」。表皮分化コントロール、炎症性メディエーター抑制、ライトニング効果がある「シスツスモンスペリエンシスエキス」などの4件の原料情報をご提供いただきました。
◆追加原料

原料情報追加

 (株)エル・ビー・エイチ(LBH)様から、天然宝石を粉末化した原料で、ラグジュアリーなスキンケアやメイクアップ製品のコンセプト原料としてご活用いただける、12月の誕生石で、青〜緑色を有する美しい宝石ターコイズの「トルコ石末」。「海の水」の名が示す通り淡い水色をした緑柱石(Beryl)の一種「アクアマリン末」。天然樹脂・樹液の化石で古くから香料や薬の原料として扱われている「コハク」の3件の原料情報をご提供いただきました。
◆追加原料

社名変更

「日本合成化学工業株式会社」から「三菱ケミカル株式会社」に社名変更しております。
◆三菱ケミカルの原料

CITE Japan 2019 全力運転中

始まりましたCITE Japan。中央出入り口付近「CO-4」ブースで展示しております。
★製造メーカー様向け 
 使い勝手のいい処方情報管理システムを紹介してます。 
★原料メーカー様向け
 Cosmetic-Info.jpの費用対効果やメリット・デメリットをお伝えします。
★Cosmetic-Info.jpご利用者様向け
 今年のノベルティは、飴ちゃんです。「疲れた〜、エネルギーほしい」という方は、ぜひ、糖分をゲットしに来てください。皆様のご来場お待ちしてます。

日本触媒様が参加

 創業以来、自社開発の触媒技術を核に事業を拡大し、酸化エチレンやアクリル酸など「テクノロジー(技術)」を通じて「アメニティ(豊かさ)」を提供する企業理念「TechnoAmenity」としている株式会社日本触媒様が、Cosmetic-Info.jpに参加されました。
 抗炎症性、抗菌性、肌の菌バランスを整える「乳酸桿菌培養溶解質」、保湿効果、リフトアップ、シワ軽減効果がある「バオバブ果肉エキス」、チロシナーゼの活性阻害効果、美白効果がある「ハイビスカス花エキス、マグワ樹皮エキス、キュウリ種子エキス」、肌の弾力を改善し、バストアップ効果がある「キゲリアアフリカーナ果実エキス」、汗や臭い成分を吸収し、テカリを防止できる「バンブサアルンジナセア茎」、脂肪細胞に作用し、痩身効果が期待できる「ポリグルクロン酸」、ヒアルロン酸やコラーゲンを産生し、皮膚の弾力を改善する「加水分解オオバアオサエキス」などの261件の原料情報をご提供いただきました。
◆日本触媒の原料

化粧品基準の一部改正について

 平成31年3月20日付け厚生労働省 薬生発0320第3号「化粧品基準の一部を改正する件について」で、別表第4の2を改正し、化粧品へ配合できる紫外線吸収剤として「4-メトキシケイ皮酸 2-メチルフェニル」を追加する旨の連絡がありました。
※pdfの最後に別添「官報(号外第54号)」があります。
薬生発0320第3号のpdf

原料情報追加

 山川貿易(株)様から、毛髪に必要なアミノ酸を多く含み、髪の強度や弾力性などを向上させる「ココジモニウムヒドロキシプロピルシルクアミノ酸」。糖化抑制に効果的な成分をDHA&EPAカプセルで内包し肌年齢を若返らせる効果が期待できる「アスペルギルス培養物」。わずか28日間で涙袋&目の下のたるみを改善する効果が期待できる「キノア種子エキス」。脂肪の燃焼を促進&蓄積を抑制し、醜いセルライトを減らす効果が期待できる「ガルシニアカンボジア果実エキス」「ワカメエキス」。皮膚構造のイコライザー(平衡装置)であるmiRNA Let-7bの自然老化からくる異常調整を抑え、皮膚構造をより密度の高いものにする「ヒポファエラムノイデス核エキス」などの16件の原料情報をご提供いただきました。
◆追加原料

原料情報追加

 (株)エル・ビー・エイチ(LBH)様から、コラーゲン産生を促進し、ストレッチマークの改善、肌の柔らかさ・ハリの向上の効果が実証されている「セロリエキス」。エピジェネティックな働きでDNAの保護・修復し、肌の炎症の抑制と肌バリア機能の強化に効果があると実証されている「ダイコン種子エキス」「レウコノストック/ダイコン根発酵液」。髪の成長周期を健全化し、抜け毛の防止や睫毛の密度や長さを増加させる効果も実証されている「アカツメクサエキス」「リョクトウ種子エキス」などの3件の原料情報をご提供いただきました。
◆追加原料

原料情報追加

 (株)エル・ビー・エイチ(LBH)様から、環境汚染による細胞毒性の防御に有効であり、現代のストレス環境から肌を守る効果がある「ゲンチアネラアルボロセア葉エキス」情報をご提供いただきました。
◆追加原料

処方例追加

 日本精化(株)様から、お肌の水分、しっとり感を保つ全植物性乳液の処方例をご提供いただきました。Phytocompo-PPを配合することで、感触に優れた全植物性の乳液が調製可能です。
◆処方例

原料情報追加

 (株)エル・ビー・エイチ(LBH)様から、保湿効果とシワを目立たなくする効果が実証されている「イリス根エキス」「ギンバイカエキス」「ゲッケイジュ葉エキス」「ハチミツ」の複合原料情報をご提供いただきました。月桂樹(抗酸化活性)、銀梅花(ラジカル除去活性)、 アヤメ(アンチエイジング活性)と蜂蜜(保湿成分)を併せた原料です。
◆追加原料

新機能「CIR(The Cosmetic Ingredient Review)」にリンクします。

「化粧品表示名称」の検索結果で、CIR(The Cosmetic Ingredient Review)の Report がある場合は、「レポート」が表示されます。
 CIRのサイトにリンクできますが、クリックした際にPCPC(Personal Care Products Council)のアカウントがない方は、「レポート」の表記下に「[CIR]」という箇所をクリックし、Cosmetic-Info.jpの画面に一旦戻れば、レポート画面が表示されます。

原料情報追加

 交洋ファインケミカル(株)様から、種子油の場合は、肌の弾力を上げ、しわを減らし、肌の老化を予防する効果と肌を鎮静・和らげてくれる効果もある「センニンコク種子エキス」。ココナッツオイルより軽いテクスチャーですばやくなじみ、肌内部の油分量を増やすことで肌を柔らかくする「ババス油」。最近その希少さで再度注目され、リノール酸高含有で、すぐに肌のツヤをだし、抗シワ剤としてもとても有用な「ケシ種子油」。汎用性の高いベース油脂で、肌を保湿し、脂質副産物が肌を保護する「シア脂」などの16件の原料情報をご提供いただきました。
◆追加原料

原料情報追加

 (株)エル・ビー・エイチ(LBH)様から、保湿と肌全体のトーン向上に効果があると実証されている「ガリカバラ花エキス」の原料情報をご提供いただきました。バラの花びらのみから得られた貴重な保湿成分です。
◆追加原料

原料情報追加

 (株)エル・ビー・エイチ(LBH)様から、肌の損傷による炎症(ヒリヒリ、赤み)鎮静化に有効であることが実証されている「マイテヌスマクロカルパ樹皮エキス」の原料情報をご提供いただきました。アマゾンの熱帯雨林に生えるチュチュフアシの樹皮(カテキン・タンニン類含有)から抽出した有効成分です。
◆追加原料

原料情報追加

 マイズ・ジャパン(株)様から、オーガニックな環境のもと栽培されたレモンユーカリの葉から、独自の技術により開発されたメンタンジオールを70%以上含有する油剤「ユーカリ葉油」の原料情報をご提供いただきました。
◆追加原料

原料情報追加

 (株)エル・ビー・エイチ(LBH)様から、皮脂の過剰分泌・テカリの抑制と肌の保湿・やわらかくする効果が実証されいる「キバナカイウ花エキス」の原料情報をご提供いただきました。イエローカラーリリーのワックス分とバクチオールの抗菌効果があります。
◆追加原料

原料情報追加

 大阪ガスケミカル(株)様から、分散性に優れ、他添加剤の沈降を抑制する効果がある「ベントナイト」の原料情報をご提供いただきました。カルシウム型のベントナイトを活性化処理したもので、水に分散すると適度な膨潤性とチキソトロピー性を示し、天然由来であるにもかかわらず、高い白色度を示します。
◆追加原料

処方例追加

 日本精化(株)様から、「さっぱり」なのに「しっとり」が特長の透明性の高い化粧水の処方例をご提供いただきました。Phytopresome MELを配合することで、セラミドと同等の保湿効果を付与します。
◆処方例

中文名称について

 Cosmetic-Info.jpで記載している中文名称は、中国の国家薬品監督管理局(NMPA<旧CFDA>)が公表している国際化粧品原料標準中文名称目録(2010年版)【http://www.nmpa.gov.cn/WS04/CL2198/324989.html】および、使用化粧品原料名称目録(2015年版)【http://www.nmpa.gov.cn/WS04/CL2193/300096.html】をもとにしています。
 国際化粧品原料標準中文名称目録(2010年版)は、INCI名と中文名称の単純な対比表(辞書)として、使用の可否については触れていません。使用化粧品原料名称目録(2015年版)は、中国で製造販売された使用前例がある成分のリストと通知されていますので、当局の詳細な内容を踏まえて、中国で販売可能かどうかご確認ください。

原料情報追加

 (株)エル・ビー・エイチ(LBH)様からブラッククミンシードの治癒力とモリンガシードオイル由来の保湿力を組み合わせた肌のバリア機能の向上と乾燥肌の改善が期待できる「ワサビノキ種子油」「ニゲラサチバ種子エキス」を複合した原料情報をご提供いただきました。
◆追加原料

原料情報追加

 エイチ・ホルスタイン(株)様から、メラニン産生抑制、存在するメラニンの除去、メラニン輸送の阻害や樹状突起形成度の減少効果を確認できている「アセチルヘキサペプチド-1」。皮膚の菌のバランスを整え、本来その人が元から持っていた微生物叢を回復させるというもので、その他に皮脂産生抑制やアンチポリューション効果もある「ハチミツエキス」「ザイモモナス培養エキス」などの4件の原料情報をご提供いただきました。
◆追加原料

原料情報追加

 (株)ヤマダ薬研様から、ペプチド、アミノ酸、ビタミンにより美肌作用が期待される「酒粕エキス」。ポリフェノール類、アントシアニン、ルテイン、ガングリオシドを含み、抗酸化作用、抗炎症作用、活性酸素消去作用、メラニン生成抑制作用が期待される「サツマイモ葉/茎エキス」。ビタミンC、アントシアニン、糖質を含み、抗炎症、抗菌、抗酸化作用が期待される「イチゴ果実エキス」。クルクミンを含み、抗炎症、抗菌、抗酸化作用が期待される「ウコン根茎エキス」などの7件の原料情報をご提供いただきました。
◆追加原料

原料情報追加

 (株)エル・ビー・エイチ(LBH)様から、サギング(たるみ)に効果があり、肌の弾力を改善することが実証されてる「オーキッドエキス」「マグノリアオフィシナリス樹皮エキス」の原料情報をご提供いただきました。
◆追加原料

ロケットジャパン様が参加

 美しさはすべて肌の健康と栄養に関するものとし、食品・栄養・健康のための植物由来原料の80年にわたるノウハウを活かし、革新的で高性能で持続可能な原料を化粧品市場に提供しているロケットジャパン株式会社様が、Cosmetic-Info.jpに参加されました。
 pH、電解質の影響を受けず優れた増粘性を発揮する「酢酸デンプン」「キサンタンガム」「HEC」の増粘・安定化剤。吸着剤、抗ケーキング剤、非水系増粘剤に用途がある「オクテニルコハク酸デンプンAl」。保湿・湿潤剤、保水剤、香味剤として5価の糖アルコールの「キシリトール」、6価の糖アルコール「ソルビトール」「マンニトール」。アンチエイジング、ピーリング剤、抗アクネ剤、キレート剤、防腐剤として「グルコノラクトン」。乳化剤、安定化剤、マスキング剤として「ヒドロキシプロピルシクロデキストリン」などの10件の原料情報をご提供いただきました。
◆ロケットジャパンの原料

新機能「単一成分原料」が表示されます

「化粧品表示名称」の検索結果で、「単一成分原料」がある場合は、該当原料が表示できるようになりました。
(例)グリセリン、BG、シリカ、ジメチコン・・・・などなど、ぜひ、ご活用ください。

原料情報追加

 (株)エル・ビー・エイチ(LBH)様から、コーヒー由来の抗酸化成分とブドウ由来のビタミン、抗炎症成分により、コラーゲンやヒアルロン酸産生を促進し、アンチセルライト、スリミング、引き締めの効果が実証されてるCOSMOS認証取得済みの「アラビアコーヒーノキ種子油」「ブドウ果実エキス」の原料情報をご提供いただきました。
◆追加原料

処方例追加

 日本精化(株)様から、とろけるような塗り心地で、厚塗りしなくても潤いを持続させるリップバームの処方例をご提供いただきました。天然保湿成分ラノリンが乾燥による唇の荒れをしっかり防いでくれます。
◆処方例

原料情報追加

 (株)エル・ビー・エイチ(LBH) 様から、抗菌・抗炎症成分による肌の保護力の向上と抗酸化成分による抗フォトエイジング効果が実証されている「オリーブ果実エキス」「コショウ種子エキス」「コリアンダー果実エキス」の原料情報をご提供いただきました。
◆追加原料

原料情報追加

 (株)エル・ビー・エイチ(LBH) 様から、一般的なブルーベリーより豊富に抗酸化物質(アントシアニン)を含み、ブルーライトによる肌ダメージを抑える効果が実証されている「ビルベリー果実エキス」の原料情報をご提供いただきました。
◆追加原料

エル・ビー・エイチ(LBH)様が参加

 科学的根拠に基づいた化粧品を通じて人々の生活の質の向上に貢献し、独自の3つの核技術であるフォーミレンションプラットホーム、スキンサイエンスプラットホーム、およびセーフティープラットフォームを最良の選択で組み合わせることにより、上質な本物の化粧品をご提供する株式会社エル・ビー・エイチ(LBH) 様が、Cosmetic-Info.jpに参加されました。
 アヌルカリンゴには抗酸化物質(ポリフェノール)を豊富に含み、顔全体のくすみ改善に効果が実証しているリンゴ果実エキスの原料情報をご提供いただきました。
◆エル・ビー・エイチ(LBH)の原料

木村産業様が参加

 顧客に限りなく満足して頂くため社員一同共にしなやかさと挨拶を忘れず若き挑戦心と責任感を持って独自のニッチ戦略で社会に貢献する。「顧客としあわせに」を企業理念とされる木村産業株式会社様が、Cosmetic-Info.jpに参加されました。
 即効性の抗シワ効果が期待できる「キクニガナ根オリゴ糖」。不活性なベージュ脂肪細胞を活性化し、スリミング効果が期待できる「プランクトンエキスの原料」。血行改善で目のクマ対策が期待できる「マツリカ花エキス、セイヨウサンザシ花エキス」。育毛効果(化粧品)が期待できる「ダイズ芽エキス、コムギ胚芽エキス、オウゴン根エキス」。高濃度ポリフェノールでIRA,UV-B対策に期待できる「コケモモ果実エキス」などの14件の原料情報をご提供いただきました。
◆木村産業の原料

原料情報追加

 横関油脂工業(株)様から、キャンデリラ草の茎から得られる天然ワックス「キャンデリラロウ」の原料情報をご提供いただきました。一般品と比較して、色調を改善した商品で、口紅、リップライナー、ファンデーション、ヘアスタイリング剤にご利用頂けます。 COSMOS認証取得品です。
◆追加原料

原料情報追加

 一丸ファルコス(株)様から、カシミヤ毛独特の柔らかい感触を毛髪に付与するケラチンPPTで、幅広い分子量のケラチンより構成されており、キューティクルCMCに対するケアに適している「加水分解ケラチン液」。/ 中国伝統植物の一つアルピニア・カツマダイの種子より得られるエキスで、メラニンブレーキシステムであるPLD1シグナルを著しく活性化する「アルピニアカツマダイ種子エキス」。美白の新しい作用機序を持つことから、既存の美白素材と組み合わせることにより、相乗効果が期待できる医薬部外品専用素材です。/ 紫外線により機能低下するとされる毛細リンパ管の形成を促し、むくみやくすみといった肌の老化症状の改善が期待されるパッションフルーツのエキス「クダモノトケイソウ果実エキス」。フェイシャルケア、頭皮ケアへの配合が推奨されています。などの3件の原料情報をご提供いただきました。
◆追加原料

原料情報追加

 DSP五協フード&ケミカル(株)様から、着色しない油溶性のポリフェノールとしてご使用いただけるエキス。天然植物原料を『粉砕⇒抽出⇒ろ過⇒乾燥』して製造した粉末製品。植物の持つ成分と香りを水蒸気蒸留によって抽出したフローラルウォーター。40℃の低い温度で2時間かけて植物由来のグリセリンと水のみで抽出したエキス。 などの様々な方法で原料化した植物由来の53件の原料情報をご提供いただきました。
 シワ形成防止、糖化からの皮膚保護「パルミトイルトルメンチラ根エキス」。皮膚構造の維持、微小循環促進「パルミトイルフランスカイガンショウ樹皮エキス」。顔色を輝かせる、肌を滑らかにする「イチゴ葉エキス」。炎症反応の軽減、刺激感の緩和「マルメロ葉エキス」。スージング、抗菌作用「水ツボクサエキス」。抗酸化、ブライトニング、保湿「キウイエキス」などがあります。
◆追加原料

処方例追加

 日本エマルジョン(株)様から、タイで開催された「in-cosmetics Asia 2018」に一丸ファルコス様と日本エマルジョン様が共同出品した処方例で、配合製剤が革新的な機能性原料や処方からなる製剤に贈られる「Spotlight On Formulation Award Hydration Category(注目製剤賞・保湿部門)」を受賞されたアミノ酸骨格を有するエモリエント油剤「AMITER MA-HD」+ 疑似セラミド「パシフィコス CRM」+ クロノシャルディ「ブドウ果実エキス」配合の保湿クリームの処方例をご提供いただきました。
◆処方例

原料情報追加

 (株)伊那貿易商会様から、αヒドロキシ酸含有の水溶性「ハイビスカス花エキス」。「1,3-ブチレングリコール」20%含有品、 又は「フェノキシエタノール」含有品の2件の原料情報をご提供いただきました。
◆追加原料

原料情報追加

 日本ハネウェル(株)様から、不燃性のフッ素系溶剤。 地球温暖化係数(GWP)も二酸化炭素と同じ1と低く、オゾン層破壊に影響しないHFO(ハイドロフルオロオレフィン) 溶剤です。ノンフロンに該当し、沸点は19度で常温下で揮発し、塗布後は長時間にわたり冷却効果を発揮します。また、表面張力が非常に低いため濡れ性に優れ、より高い塗布性を発揮する「クロロトリフルオロプロペン」の原料情報をご提供いただきました。
◆追加原料

原料情報追加

 MICトレーディング(株)様から、オーガニック由来の麻の種子から採れた油「アサ種子油」、カランジャの種子から採れた油「クロヨナ種子油」、ピスタシチオの種子から採れた油「ピスタシオ種子油」。精製品など他グレードもあるキュウリの種子から採れた油「キュウリ油」。消臭効果のあるカチオン化合物で体臭、ペット、タバコなどあらゆる種類の臭いに対し消臭効果がある「ソイエチルモルホリニウムエトサルフェート」。オーガニック認証がある100%天然由来のアルキルグルコシド誘導体ノニオン界面活性剤「(オレイン酸ソルビタン/デシルグルコシド)クロスポリマー」などの8件の原料情報をご提供いただきました。
◆追加原料

化粧品の成分表示名称リスト No.34

 粧工連発行の「化粧品の成分表示名称リストNo.34」に掲載された表示名称を追加しました。これで化粧品の成分表示名称データベースは14,070件になりました。
 一部は弊社の判断にて修正した箇所もあります。もしご利用されている際に、入力ミスや何かお気づきになられた場合は、メールなどでお気軽にご連絡ください。

原料情報追加

 (株)銀座・トマト様から、アサガオから幹細胞を採取した幹細胞エキスで、ヒト皮膚細胞の増殖効果や抗炎症効果が期待される「アメリカアサガオカルス培養エキス」。北欧産(フィンランド)ラズベリーから幹細胞を採取した幹細胞エキスで、抗炎症作用、創傷治癒効果、肌の水和作用、美白効果が期待される「チシマイチゴカルスエキス」。ノニの葉から幹細胞を採取した幹細胞エキスで、抗炎症作用、抗酸化効果、抗シワ効果が期待される「ヤエヤマアオキ葉細胞培養エキス」。などの3件の原料情報をご提供いただきました。
◆追加原料

化粧品の成分表示名称リスト No.34

 粧工連から2018年9月28日に「化粧品の成分表示名称リストNo.34」が発行されました。176件の新規名称が掲載されています。情報の入力作業を開始しましたのでCosmetic-Info.jpでの掲載までしばらくお待ちください。

原料情報追加

 (株)東洋発酵様から、センチフォリアバラ花びらエキスをデンマーク産チーズ由来の乳酸菌で発酵させた特許原料「乳酸桿菌/センチフォリアバラ花エキス発酵液」の情報をご提供いただきました。メラニンの生成を抑える美白効果、「黄ぐすみ」の原因とされるカルボニルタンパク質の生成抑制、抗酸化作用、肌細胞ダメージおよびコラーゲンの破壊の抑制、コラゲナーゼ阻害、ヒアルロニダーゼ阻害、エラスターゼ阻害作用などが確認されています。
◆追加原料

原料情報追加

 横関油脂工業(株)様から、大豆や菜種、ヒマワリ由来の原料で構成されている「ヒマワリ種子ロウ」「フィトステロールズ」 複合の原料情報をご提供いただきました。天然ワックスが原因であった光沢の低下現象を防ぐ効果があるだけでなく、粘度を高められるため、付着がよくツヤが持続し、密着性を高めたヘアワックスにも最適です。
◆追加原料

原料情報追加

 日興リカ(株)様から、1.3BG及びグリセリンの代替品として、保湿作用のある合成品「メチルプロパンジオール」。クリーム・ローション・ヘアワックス・メイクアップ等へ幅広く化粧品に使用されている「コレステロール」。羊の毛から抽出された油分。保湿効果油で、保湿作用があり、主にスキンケア製品の処方に向いている「ラノリン」の3件の原料情報をご提供いただきました。
◆追加原料

処方例追加

 日本精化(株)様から、まるでパウダーのような質感のオイルファンデーションの処方例をご提供いただきました。FineNeo-EHSU「コハク酸ジエチルヘキシル」とLUSPLAN PI-DA「ダイマージリノール酸ジ(イソステアリル/フィトステリル)」を併用することで、オイルファンデーションの「高保湿感」とパウダーファンデーションの「さらさらした使用感」を両立し、シリコーンライクな軽い感触を演出可能です。
◆処方例

原料情報追加

 (株)成和化成様から、羊毛由来のタンパク質を加水分解して得られたケラチンペプチドで、構成アミノ酸としてシスチンを多く含むことが特徴の「加水分解ケラチン」、毛髪表面にしなやかなフィルムを形成します。Solublekeratin (ソルブルケラチン) SKSPは、天然由来の水溶性高分子「水溶性ケラチン」で、肌なじみが良く、少量配合でもさらさらとした良好な使用感触を実感できます。優れた保湿効果のほか、角層機能改善効果が期待できるスキンコンディショニング成分の2件の原料情報をご提供いただきました。
◆追加原料

検索
書庫
2019年
5月(6)
4月(18)
3月(7)
2月(10)
1月(10)
2018年
9月(7)
8月(5)
7月(12)
6月(9)
5月(12)
4月(14)
3月(2)
2月(3)
1月(4)
2017年
12月(10)
11月(12)
10月(14)
9月(8)
8月(15)
7月(7)
6月(7)
5月(9)
4月(5)
3月(6)
2月(5)
1月(5)
2016年
9月(15)
8月(13)
7月(7)
6月(8)
5月(8)
4月(6)
3月(4)
2月(6)
1月(4)
2015年
9月(3)
8月(4)
7月(6)
5月(2)
4月(8)
3月(10)
2月(3)
1月(3)
2014年
9月(1)
8月(3)
7月(4)
6月(8)
5月(7)
4月(3)
3月(6)
2月(5)
1月(6)
2013年
12月(11)
9月(5)
8月(5)
7月(9)
6月(9)
5月(8)
4月(8)
3月(6)
1月(5)
2012年
9月(4)
8月(4)
7月(12)
6月(4)
5月(12)
4月(6)
3月(2)
2月(4)
1月(6)
2011年
9月(8)
8月(7)
7月(3)
6月(2)
5月(9)
4月(5)
3月(2)
2月(6)
1月(6)
2010年
9月(5)
8月(6)
7月(5)
6月(9)
5月(3)
4月(8)
3月(4)
2月(4)
1月(7)
2009年
9月(2)
8月(8)
7月(6)
6月(11)
5月(8)
4月(5)
3月(3)
2月(2)
1月(10)
2008年
12月(10)
9月(5)
8月(5)
7月(4)
6月(5)
5月(9)
4月(3)
3月(6)
2月(5)
1月(4)
2007年
9月(5)
7月(4)
6月(6)
5月(7)
4月(3)
3月(3)
2月(12)
1月(5)
2006年
9月(5)
8月(6)
6月(3)
5月(5)
4月(2)
3月(2)
2月(5)
1月(4)
2005年
9月(2)