表示名称、原料、処方例の検索ができる化粧品技術者のためのデータベースサイト

新着情報

カテゴリー
書庫
2020年
2019年
2018年
2017年
2016年
2015年
2014年
2013年
2012年
2011年
2010年
2009年
2008年
2007年
2006年
2005年
原料情報 (株)エル・ビー・エイチ様からの原料情報追加 new

・レチノールに類似した遺伝子発現効果を持つ植物由来成分『BAKUCHIOL』の原料情報をご提供いただきました。
刺激性や光酸化が抑えられたレチノール代替品です。
詳細は『◆追加原料』からご確認ください。
◆追加原料

原料情報 (株)日本触媒からの原料情報追加 new

・収れん作用が期待できるアンザンジュエキスを含む『(001145) JERICINE ANASTATICA (SB)』
・保湿効果があり、美肌に導くガンコウラン果実エキスを含む『(300111) CROWBERRY HYDROGLYCOLIC EXTRACT』
・収れん作用、抗菌作用、血行促進効果があるカミツレ花エキスを含む『(320064) MATRICARIA PHYTELENE EG 004』
・肌の老化を防ぐガンコウラン果汁を含む『(400764) BLACK CROWBERRY HYDROGLYCERINED EXTRACT 80』
・細胞賦活効果があり、コラーゲン産生促進効果がある『マリンナノファイバー® SHL-01』などの7件の原料情報をご提供いただきました。
詳細は『◆追加原料』からご確認ください。
◆追加原料

原料情報 エイチ・ホルスタイン(株)からの原料情報追加 new

・南極近くの太平洋に生息する深海のイカのV型コラーゲン溶液で、ヒトの肌と約98%の生体適合性をもつ世界初のコラーゲン。シワ改善、ストレッチマーク改善、抗アクネ、創傷治癒効果があり、7日間という短期間での効果も期待できる『アクソラーゲン プラセンタム リキッド(AKSOLAGEN placentum liquid)』
・南極近くの太平洋に生息する深海のイカのI-III型コラーゲン溶液で、3重らせん構造をもつ。ヒトの肌と約98%の生体適合性をもち、アンチエイジング、デトックス、ホワイトニングなどが期待できる『アクソラーゲン マリナム リキッド(AKSOLAGEN marinum liquid)』
・アラスカサーモンの魚卵由来の生物活性プラセンタ疎水性エキスで、アンチエイジングかつ肝斑、シミ改善効果、赤み抑制等の効果をもち。疲れた肌、ストレスを抱えた肌へ高浸透かつ非常に強力な細胞ブースト作用がある活性化効果に期待できるサケ卵エキスの『アクソキャビア(AKSOCAVIAR)』などの3件の原料情報をご提供いただきました。
詳細は『◆追加原料』からご確認ください。
◆追加原料

原料情報 (株)ホルスからの原料情報追加 new

・国産SPF豚胎盤から抽出したプラセンタエキス『プラセンターリキッドVSF(2)』『プラセンタエキスVSF(1)』など
・北海道産サラブレッド胎盤から抽出したプラセンタエキス『プラセンターリキッドH-VSF(2)』
・モンゴル馬胎盤から抽出したプラセンタエキス『プラセンターリキッドHM-VSF(2)』などの11件の原料情報をご提供いただきました。
これらの原料は、独自製法「凍結酵素抽出法」を用いており、有用成分を壊さずに抽出することで、 各種サイトカインをバランスよく含み、美白・美肌効果やヒト表皮・ヒト真皮線維芽細胞増殖効果、コラーゲン産生促進作用に期待できます。
詳細は『◆追加原料』からご確認ください。
◆追加原料

業界情報 Scientific Literature Reviewの更新 new

CIRよりScientific Literature Reviewの更新がありました。
・『(アクリル酸/アクリル酸ホスホリルコリングリコール)クロスポリマー(ヒドロキシエチルセルロース/アクリル酸ホスホリルコリングリコール)コポリマーポリアクリル酸ホスホリルコリングリコールポリクオタニウム-51ポリクオタニウム-61』(2020年5月19日)、
が追加されています。2020年7月18日のCIR専門家パネルにて、レポートのレビューが行われます。
詳細は該当成分よりご確認ください。

原料情報 (株)エル・ビー・エイチからの原料情報追加 new

・ベルガモットから抽出された化粧品原料で、防腐、抗菌、瘢痕減少に期待できる『Akobiol-HGL-Bergamot』の原料情報をご提供いただきました。
詳細は『◆追加原料』からご確認ください。
◆追加原料

原料情報 イワキ(株)からの原料情報追加 new

・医薬部外品原料規格適合の各種アミノ酸、及びその塩類などの19件の原料情報をご提供いただきました。
アラニン、アルギニン、アスパラギン酸、システイン、システインHCl、ヒスチジン、ヒドロキシプロリン、リシンHCl、メチオニン、プロリン、セリン、トレオニン、トリプトファン、チロシン、アセチルシステイン、グリシンなどです。
詳細は『◆追加原料』からご確認ください。
◆追加原料

原料情報 (株)日本触媒様からの原料情報追加 new

・収れん作用があり、ボウシュウボク葉エキスを含む『(410129) LEMON VERBENA ORGANIC BIOGREEN』
・抗菌作用があり、アザジラクタインジカ葉エキスを含む『(400306) NEEM BIOGREEN D (SB)』
・トウキンセンカの花弁でカレンデュラとも呼ばれている『(940025) MARIGOLD PETAL UNSORTED』などの5件の原料情報をご提供いただきました。
詳細は『◆追加原料』からご確認ください。
◆追加原料

原料情報 交洋ファインケミカル(株)からの原料情報追加 new

・チューベロース由来の植物幹細胞成分を20%で規格化したエキスで炎症性サイトカインの抑制、NO産生の抑制効果に期待できる『InitialE [PT+TMG](イニシャルE[PT+TMG])』
・北米原産のセコイアの幹細胞から抽出した男性化粧品向け原料で、高い抗酸化、抗炎症作用により、シワの改善効果が期待できる『MReload Sequoia(エムリロード セコイア)』
・強力な抗酸化機能をもつγ-マンゴスチンと共培養したジャスミン幹細胞エキスで、UVA, UVB, ブルーライトからの細胞保護が期待できる『LightWave Defense[JS+M](ライトウェーブディフェ ンス [JS+M])』
・メルロー種とカベルネ種の2種類のブドウ幹細胞をミックスしたハイブリッドエキスで、炎症を起因とする老化シグナルを抑制、肌フローラの正常化にも寄与する『Healthy Perfection [Vitis flower]2 (ヘルシーパーフ ェクション [ヴィティス フラワー]2』などの10件の原料情報をご提供いただきました。
詳細は『◆追加原料』からご確認ください。
◆追加原料

業界情報 化粧品の成分表示名称リスト No.37 new

 粧工連発行の「化粧品の成分表示名称リストNo.37」に掲載された表示名称を追加しました。これで化粧品の成分表示名称データベースは14,669件になりました。
 一部は弊社の判断にて修正した箇所もあります。もしご利用されている際に、入力ミスや何かお気づきになられた場合は、メールなどでお気軽にご連絡ください。

SSLとは?