過去のお知らせ
Humulus Lupulus (Hops)の一部のINCIがICIDから削除されています。

Humulus Lupulus (Hops) Strobile ホップ球果
Humulus Lupulus (Hops) Cone Extract ホップ球果エキス
Humulus Lupulus (Hops) Flower Extract ホップ花エキス
のINCIは、ICIDから削除され、Humulus Lupulus (Hops) Extractに集約されています。

INCI、Cas Numberの更新

2019年6月6日にPCPCよりINCI、Cas Numberの更新が公開されました。一部のINCI、Cas Numberが追加・変更・削除されています。

大阪ガスケミカル(株)様から1件の原料情報追加

・定形粒子により優れたソフトフォーカス性を示し、異方性のある転がりで伸び性に優れることが期待される含水シリカの『OVEIL GR』の原料情報をご提供いただきました。メソ孔が多く存在するため、有効成分を含浸・担持させる基材に適しています。
◆追加原料

(株)成和化成様から処方例追加

・界面活性剤を使用せずに、ビタミンC誘導体(Amitose MGA)で乳化したクリーム処方「VC乳化クリーム(さっぱり)(No.0187)」の処方例をご提供頂きました。
◆処方例

島貿易(株)様から1件の原料情報追加

・非遺伝子組み換えトウモロコシ由来のBio EOを使用したグリセレス-26『Liponic Bio EG-1』の原料情報をご提供いただきました。湿潤剤、可溶化剤、乳化助剤、泡改質剤等に使用可能です。
◆追加原料

(株)日本触媒様から20件の原料情報追加

・毛髪の保湿性を向上させるチリアトメントサつぼみエキスを含む『(001017) TILICINE』
・不純物や古い角質を除去するバンブサアルンジナセア茎エキスの『(001038) TABASHIREX』
・ターンオーバーを正常にし、表皮の厚みを増加させる加水分解アルゲエキスを含む『(001123) X CELL-30 SN』
・酸化ストレスを防ぎ、血色を良好にするアトラスシーダー樹皮エキスを含む『(001151) CERNILYS』
などの原料情報をご提供いただきました。
◆追加原料

(株)日本触媒様から1件の原料情報追加

・生分解性があり、かつ安全性の高いキレート剤で、幅広いpH領域でのキレート能を有しており、防腐助剤としての機能もあるヒドロキシイミノジコハク酸4Naを含む『HIDS』
の原料情報をご提供いただきました。
◆追加原料

ビタミンC60バイオリサーチ(株)様から22件の原料情報追加

・毛髪補修効果のあるヘアケア専用フラーレンで、髪に浸透して内側から抗酸化力を発揮する『ヘアシャイニーフラーレン-MO』
・モロッコに生息する「神の恵みの木」と呼ばれるアルガンの種子から得られる油脂で、オレイン酸とリノール酸をバランスよく含んでいるアルガニアスピノサ核油の『Bikiraオイル アルガン』
・アラビカ種のチェリーコーヒーの焙煎種子から得た油脂で、焙煎によるコーヒー特有の芳香を有する『Bikiraオイル チェリーコーヒー』
・クランベリーの種子から得られる油脂で、リノレン酸を多く含む『Bikiraオイル クランベリー』
・pH6-8の中和タイプとpH10-14の未中和タイプの2種類がある天然洗浄成分でオリーブ脂肪酸Naの『AECOSOLV オリーブ』、ヒマワリ種子油脂肪酸Naの『AECOSOLV ひまわり』
などの原料情報をご提供いただきました。
◆追加原料

『まつ毛美容液による危害が急増!-効能等表示の調査もあわせて実施-』について

令和元年8月8日付 独立行政法人国民生活センターより『まつ毛美容液による危害が急増!-効能等表示の調査もあわせて実施-』について公表されました。
その中で「業界・事業者への要望」として
・まつ毛美容液について、危害情報を含め多くの相談が寄せられているため、安全な商品作りと安心な取引ができるよう業界として対応することを要望します。
・医薬部外品の育毛剤について、まつ毛の育毛の効能効果に関する表示をしないよう要望します。
・まつ毛美容液について、医薬品等適正広告基準の化粧品の効能の範囲を超える表示がなされないよう要望します。
と掲載されています。
 詳細は、国民生活センターのホームページにてご確認ください。
独立行政法人国民生活センター 2019年8月8日公表のページ

DSP五協フード&ケミカル(株)様から3件の原料情報追加

・目の周りのクマや皮膚のたるみに対して作用し、肌をより若々しく、目元をより輝かしく見せるガリカバラ花エキスの『Eye'Light』
・肌のバリア機能を高め、紫外線から肌を守り、 肌の体内時計(サーカディアンリズム)を修復するだけでなく、太陽光による有害な効果から肌を守るサフランエキスの『Sun'Chronize』
・肌に水分を補給し、皮膚のマイクロバイオータのバランスを整えることで、肌が外部からの攻撃に対抗するのを助け、より滑らかで柔らかい肌になるアルテア花エキスの『Hydro'Feel』
などの原料情報をご提供いただきました。
◆追加原料

太陽化学(株)様が参加

 食品を中心に化粧品や化成品の素材を提供し、単なる「素材メーカー」ではなく、素材を活用して、課題を解決し、ニーズに応える「機能」を提供するソリューション企業「太陽化学株式会社様」が、Cosmetic-Info.jpに参加されました。
・高純度ペンタグリセリンを原料とした太陽化学独自の乳化用、クレンジング剤に用途があるポリグリセリン脂肪酸エステルの『サンソフト A-172E-C』
・微粒子粉体や顔料の油系分散に優れた効果を発揮するポリグリセリン縮合リシノレイン酸エステルで、W/O乳化、分散に用途がある『サンソフト No.818R-C』
・毛髪用コンディショニング剤、シャンプー用として、植物由来の原料を使用したノニオン界面活性剤のアプリコット核油ポリグリセリル-6エステルズ『サンソフト APF-C』
・保湿効果、メラニンの生成抑制(チロシナーゼ生合成阻害)効果を有する糖蜜より抽出された水溶性成分の『モラシズリキッド』などの49件の原料情報をご提供いただきました。
◆太陽化学の原料

レッテンマイヤージャパン(株)様から20件の原料情報追加

・メイク品のマット感、感触改良、べたつき低減、プレス用添加剤としてフルーツのオレンジ繊維『VITACEL® CS 7 Orange』
・PMMA・ポリエチレンパウダーなど合成パウダー代替やマット感、感触改良、べたつき低減、プレス用添加剤としてフルーツのリンゴ繊維『VITACEL® CS 5 Apple』
・コーンスターチベースの天然由来増粘剤カルボキシメチルデンプンNaの『VIVASTAR® CS 302 SV』
・結晶セルロースの繊維部分が三次元的に格子構造を形成し、安定したゲルを作り、高いチキソトロピー性を有することでポンプ式スプレーでの使用も可能な結晶セルロース、キサンタンガム、セルロースガムを含む『VIVAPUR® CS TEX Easy』
などの原料情報をご提供いただきました。
◆追加原料

検索
書庫
2019年
9月(8)
8月(13)
7月(19)
6月(13)
5月(8)
4月(17)
3月(7)
2月(10)
1月(10)
2018年
9月(7)
8月(5)
7月(12)
6月(9)
5月(12)
4月(14)
3月(2)
2月(3)
1月(4)
2017年
12月(10)
11月(12)
10月(14)
9月(8)
8月(15)
7月(7)
6月(7)
5月(9)
4月(5)
3月(6)
2月(5)
1月(5)
2016年
9月(15)
8月(13)
7月(7)
6月(8)
5月(8)
4月(6)
3月(4)
2月(6)
1月(4)
2015年
9月(3)
8月(4)
7月(6)
5月(2)
4月(8)
3月(10)
2月(3)
1月(3)
2014年
9月(1)
8月(3)
7月(4)
6月(8)
5月(7)
4月(3)
3月(6)
2月(5)
1月(6)
2013年
12月(11)
9月(5)
8月(5)
7月(9)
6月(9)
5月(8)
4月(8)
3月(6)
1月(5)
2012年
9月(4)
8月(4)
7月(12)
6月(4)
5月(12)
4月(6)
3月(2)
2月(4)
1月(6)
2011年
9月(8)
8月(7)
7月(3)
6月(2)
5月(9)
4月(5)
3月(2)
2月(6)
1月(6)
2010年
9月(5)
8月(6)
7月(5)
6月(9)
5月(3)
4月(8)
3月(4)
2月(4)
1月(7)
2009年
9月(2)
8月(8)
7月(6)
6月(11)
5月(8)
4月(5)
3月(3)
2月(2)
1月(10)
2008年
12月(10)
9月(5)
8月(5)
7月(4)
6月(5)
5月(9)
4月(3)
3月(6)
2月(5)
1月(4)
2007年
9月(5)
7月(4)
6月(6)
5月(7)
4月(3)
3月(3)
2月(12)
1月(5)
2006年
9月(5)
8月(6)
6月(3)
5月(5)
4月(2)
3月(2)
2月(5)
1月(4)
2005年
9月(2)