表示名称、原料、処方例の検索ができる化粧品技術者のためのデータベースサイト

新着情報

カテゴリー
書庫
2020年
2019年
2018年
2017年
2016年
2015年
2014年
2013年
2012年
2011年
2010年
2009年
2008年
2007年
2006年
2005年
原料情報 (株)日本触媒様からの原料情報追加

・色素沈着を抑制する効果があり、コラーゲン産生を促進が期待される「アセロラ果実エキス」を含む『(001048) ACEROMINE』
・幅広い波長の光による肌トラブルに効果があり、赤みや炎症を防ぐ「ワタフジウツギ花エキス」を含む『(001173) SOLIBERINE NAT』
・炎症を抑え、UV-Bのフィルターのブースト効果があるだけでなく、水分蒸散を減らし、お肌の弾力を維持する「ヒポファエラムノイデス油、カニナバラ果実エキス、ボアカンガアフリカナ種子エキス」等の『(101004) SOLARINE III』
・その他「オプンチアストレプタカンタ花エキス」を含む『(300157) CACTUS FLOWER HYDROGLYCOLIC EXTRACT』、「ヒナゲシ種子エキス」を含む『(300939) RED POPPY SEED HYDROGLYCOLIC EXTRACT(BG)』、「チャボトケイソウエキス」を含む『(410223) PASSION FLOWER ORGANIC BIOGREEN』など32件の原料情報をご提供いただきました。
詳細は『◆追加原料』をクリックしてください。
◆追加原料

おしらせ 中文名称について

 Cosmetic-Info.jpで記載している中文名称は、中国の国家薬品監督管理局(NMPA<旧CFDA>)が公表している国際化粧品原料標準中文名称目録(2010年版)【http://www.nmpa.gov.cn/WS04/CL2198/324989.html】および、使用化粧品原料名称目録(2015年版)【http://www.nmpa.gov.cn/WS04/CL2193/300096.html】をもとにしています。
・国際化粧品原料標準中文名称目録(2010年版)は、INCI名と中文名称の単純な対比表(辞書)で、使用可否は触れていません。
・使用化粧品原料名称目録(2015年版)は、中国で製造販売された使用前例がある成分のリストです。中国で販売可能かどうかは、中国当局にご確認ください。
従いましてCosmetic-Info.jpは、それぞれ独立して掲載している点をご周知ください。

おしらせ 社名変更

「DSMニュートリション ジャパン株式会社」から「DSM 株式会社」に社名変更しております。
◆DSMの原料

SSLとは?