表示名称、原料、処方例の検索ができる化粧品技術者のためのデータベースサイト

新着情報

カテゴリー
書庫
2020年
2019年
2018年
2017年
2016年
2015年
2014年
2013年
2012年
2011年
2010年
2009年
2008年
2007年
2006年
2005年
業界情報 化粧品基準の一部改正について

 平成31年3月20日付け厚生労働省 薬生発0320第3号「化粧品基準の一部を改正する件について」で、別表第4の2を改正し、化粧品へ配合できる紫外線吸収剤として「4-メトキシケイ皮酸 2-メチルフェニル」を追加する旨の連絡がありました。
※pdfの最後に別添「官報(号外第54号)」があります。
薬生発0320第3号のpdf

原料情報 原料情報追加

 山川貿易(株)様から、毛髪に必要なアミノ酸を多く含み、髪の強度や弾力性などを向上させる「ココジモニウムヒドロキシプロピルシルクアミノ酸」。糖化抑制に効果的な成分をDHA&EPAカプセルで内包し肌年齢を若返らせる効果が期待できる「アスペルギルス培養物」。わずか28日間で涙袋&目の下のたるみを改善する効果が期待できる「キノア種子エキス」。脂肪の燃焼を促進&蓄積を抑制し、醜いセルライトを減らす効果が期待できる「ガルシニアカンボジア果実エキス」「ワカメエキス」。皮膚構造のイコライザー(平衡装置)であるmiRNA Let-7bの自然老化からくる異常調整を抑え、皮膚構造をより密度の高いものにする「ヒポファエラムノイデス核エキス」などの16件の原料情報をご提供いただきました。
◆追加原料

原料情報 原料情報追加

 (株)エル・ビー・エイチ(LBH)様から、コラーゲン産生を促進し、ストレッチマークの改善、肌の柔らかさ・ハリの向上の効果が実証されている「セロリエキス」。エピジェネティックな働きでDNAの保護・修復し、肌の炎症の抑制と肌バリア機能の強化に効果があると実証されている「ダイコン種子エキス」「レウコノストック/ダイコン根発酵液」。髪の成長周期を健全化し、抜け毛の防止や睫毛の密度や長さを増加させる効果も実証されている「アカツメクサエキス」「リョクトウ種子エキス」などの3件の原料情報をご提供いただきました。
◆追加原料

原料情報 原料情報追加

 (株)エル・ビー・エイチ(LBH)様から、環境汚染による細胞毒性の防御に有効であり、現代のストレス環境から肌を守る効果がある「ゲンチアネラアルボロセア葉エキス」情報をご提供いただきました。
◆追加原料

処方例 処方例追加

 日本精化(株)様から、お肌の水分、しっとり感を保つ全植物性乳液の処方例をご提供いただきました。Phytocompo-PPを配合することで、感触に優れた全植物性の乳液が調製可能です。
◆処方例

原料情報 原料情報追加

 (株)エル・ビー・エイチ(LBH)様から、保湿効果とシワを目立たなくする効果が実証されている「イリス根エキス」「ギンバイカエキス」「ゲッケイジュ葉エキス」「ハチミツ」の複合原料情報をご提供いただきました。月桂樹(抗酸化活性)、銀梅花(ラジカル除去活性)、 アヤメ(アンチエイジング活性)と蜂蜜(保湿成分)を併せた原料です。
◆追加原料

おしらせ 新機能「CIR(The Cosmetic Ingredient Review)」にリンクします。

「化粧品表示名称」の検索結果で、CIR(The Cosmetic Ingredient Review)の Report がある場合は、「レポート」が表示されます。
 CIRのサイトにリンクできますが、クリックした際にPCPC(Personal Care Products Council)のアカウントがない方は、「レポート」の表記下に「[CIR]」という箇所をクリックし、Cosmetic-Info.jpの画面に一旦戻れば、レポート画面が表示されます。

SSLとは?