表示名称、原料、処方例の検索ができる化粧品技術者のためのデータベースサイト

新着情報

カテゴリー
書庫
2020年
2019年
2018年
2017年
2016年
2015年
2014年
2013年
2012年
2011年
2010年
2009年
2008年
2007年
2006年
2005年
原料情報 原料情報追加

 横関油脂工業(株)様から、キャンデリラ草の茎から得られる天然ワックス「キャンデリラロウ」の原料情報をご提供いただきました。一般品と比較して、色調を改善した商品で、口紅、リップライナー、ファンデーション、ヘアスタイリング剤にご利用頂けます。 COSMOS認証取得品です。
◆追加原料

原料情報 原料情報追加

 一丸ファルコス(株)様から、カシミヤ毛独特の柔らかい感触を毛髪に付与するケラチンPPTで、幅広い分子量のケラチンより構成されており、キューティクルCMCに対するケアに適している「加水分解ケラチン液」。/ 中国伝統植物の一つアルピニア・カツマダイの種子より得られるエキスで、メラニンブレーキシステムであるPLD1シグナルを著しく活性化する「アルピニアカツマダイ種子エキス」。美白の新しい作用機序を持つことから、既存の美白素材と組み合わせることにより、相乗効果が期待できる医薬部外品専用素材です。/ 紫外線により機能低下するとされる毛細リンパ管の形成を促し、むくみやくすみといった肌の老化症状の改善が期待されるパッションフルーツのエキス「クダモノトケイソウ果実エキス」。フェイシャルケア、頭皮ケアへの配合が推奨されています。などの3件の原料情報をご提供いただきました。
◆追加原料

原料情報 原料情報追加

 DSP五協フード&ケミカル(株)様から、着色しない油溶性のポリフェノールとしてご使用いただけるエキス。天然植物原料を『粉砕⇒抽出⇒ろ過⇒乾燥』して製造した粉末製品。植物の持つ成分と香りを水蒸気蒸留によって抽出したフローラルウォーター。40℃の低い温度で2時間かけて植物由来のグリセリンと水のみで抽出したエキス。 などの様々な方法で原料化した植物由来の53件の原料情報をご提供いただきました。
 シワ形成防止、糖化からの皮膚保護「パルミトイルトルメンチラ根エキス」。皮膚構造の維持、微小循環促進「パルミトイルフランスカイガンショウ樹皮エキス」。顔色を輝かせる、肌を滑らかにする「イチゴ葉エキス」。炎症反応の軽減、刺激感の緩和「マルメロ葉エキス」。スージング、抗菌作用「水ツボクサエキス」。抗酸化、ブライトニング、保湿「キウイエキス」などがあります。
◆追加原料

処方例 処方例追加

 日本エマルジョン(株)様から、タイで開催された「in-cosmetics Asia 2018」に一丸ファルコス様と日本エマルジョン様が共同出品した処方例で、配合製剤が革新的な機能性原料や処方からなる製剤に贈られる「Spotlight On Formulation Award Hydration Category(注目製剤賞・保湿部門)」を受賞されたアミノ酸骨格を有するエモリエント油剤「AMITER MA-HD」+ 疑似セラミド「パシフィコス CRM」+ クロノシャルディ「ブドウ果実エキス」配合の保湿クリームの処方例をご提供いただきました。
◆処方例

原料情報 原料情報追加

 (株)伊那貿易商会様から、αヒドロキシ酸含有の水溶性「ハイビスカス花エキス」。「1,3-ブチレングリコール」20%含有品、 又は「フェノキシエタノール」含有品の2件の原料情報をご提供いただきました。
◆追加原料

原料情報 原料情報追加

 日本ハネウェル(株)様から、不燃性のフッ素系溶剤。 地球温暖化係数(GWP)も二酸化炭素と同じ1と低く、オゾン層破壊に影響しないHFO(ハイドロフルオロオレフィン) 溶剤です。ノンフロンに該当し、沸点は19度で常温下で揮発し、塗布後は長時間にわたり冷却効果を発揮します。また、表面張力が非常に低いため濡れ性に優れ、より高い塗布性を発揮する「クロロトリフルオロプロペン」の原料情報をご提供いただきました。
◆追加原料

原料情報 原料情報追加

 MICトレーディング(株)様から、オーガニック由来の麻の種子から採れた油「アサ種子油」、カランジャの種子から採れた油「クロヨナ種子油」、ピスタシチオの種子から採れた油「ピスタシオ種子油」。精製品など他グレードもあるキュウリの種子から採れた油「キュウリ油」。消臭効果のあるカチオン化合物で体臭、ペット、タバコなどあらゆる種類の臭いに対し消臭効果がある「ソイエチルモルホリニウムエトサルフェート」。オーガニック認証がある100%天然由来のアルキルグルコシド誘導体ノニオン界面活性剤「(オレイン酸ソルビタン/デシルグルコシド)クロスポリマー」などの8件の原料情報をご提供いただきました。
◆追加原料

業界情報 化粧品の成分表示名称リスト No.34

 粧工連発行の「化粧品の成分表示名称リストNo.34」に掲載された表示名称を追加しました。これで化粧品の成分表示名称データベースは14,070件になりました。
 一部は弊社の判断にて修正した箇所もあります。もしご利用されている際に、入力ミスや何かお気づきになられた場合は、メールなどでお気軽にご連絡ください。

原料情報 原料情報追加

 (株)銀座・トマト様から、アサガオから幹細胞を採取した幹細胞エキスで、ヒト皮膚細胞の増殖効果や抗炎症効果が期待される「アメリカアサガオカルス培養エキス」。北欧産(フィンランド)ラズベリーから幹細胞を採取した幹細胞エキスで、抗炎症作用、創傷治癒効果、肌の水和作用、美白効果が期待される「チシマイチゴカルスエキス」。ノニの葉から幹細胞を採取した幹細胞エキスで、抗炎症作用、抗酸化効果、抗シワ効果が期待される「ヤエヤマアオキ葉細胞培養エキス」。などの3件の原料情報をご提供いただきました。
◆追加原料

SSLとは?