表示名称、原料、処方例の検索ができる化粧品技術者のためのデータベースサイト

新着情報

カテゴリー

書庫

2020年
2019年
2018年
2017年
2016年
2015年
2014年
2013年
2012年
2011年
2010年
2009年
2008年
2007年
2006年
2005年
原料情報 原料情報追加

 エイチ・ホルスタイン様から育毛効果と脱毛抑制効果をもつ有機エンドウ豆の新芽から抽出した水溶性エキス「アナゲイン」とラメラ層状のクリーム基材「リポイド SLM 2028」の2件の原料情報をご提供いただきました。
追加原料

その他 クリスマスプレゼント

 「化粧品成分用語事典2012」は1996年初版以来3〜4年毎に改訂しながら美容・化粧品業界で愛用されている化粧品原料事典です。2012年版でも最新情報が盛り込まれ内容が一層充実した約2500品目が解説されています。価格4,500円。全国の書店または中央書院様の直販(http://cbis.jp/shop/products/detail.php?product_id=31)でどうぞ。
 今回、出版元の中央書院様からご提供をいただき、Cosmetic-Info.jpご愛用の方の中から抽選で5名様になんとこの「化粧品成分用語事典2012」をプレゼントいたします。

以下の要領でメールでご応募下さい。
 応募受付メールアドレス:present@cosmetic-info.jp
 件名:化粧品成分用語事典2012キャンペーン
 本文:1.氏名、2.当選品送付先住所
 締め切り:2012年12月28日(金)
当選者の発表は発送をもって代えさせていただきます。
 ご応募いただいた情報は(有)久光工房で管理しプレゼントの発送に関する目的にのみ使用し、プレゼントの抽選・発送完了後、責任をもって破棄処分いたします。

業界情報 ブドウ葉エキスが医薬品の成分に該当するか否か

 「医薬品・化粧品・食品の情報提供」というサイトに『「赤ブドウ葉エキス」配合の食品・化粧品で使用不可になるかも???【薬事的視点からみた考察】』と題する興味深い記事が掲載されています。
 化粧品に関して言えば、旧粧配規に「ブドウ葉エキス」が収載されていたので、少なくとも旧粧配規適合の(≈外原規2006適合の)ブドウ葉エキスであれば、旧種別許可基準の「ブドウ葉エキス」で許可されていた範囲内での配合は問題なしだと思います。
 旧粧配規や旧種別許可基準って手に入らないんですよね(たぶん絶版)。法律としてはすでに廃止されてるけど今回のようなときに前例確認として必要なのに。大きな図書館へ行ったり国立国会図書館に複写請求したり・・・薬事日報社さんから再販してくれないかな。

原料情報 原料情報追加

 (株)成和化成様からドライヤーやヘアアイロンなどの熱によって毛髪表面をコートする「ヒートアクティブ効果」を特徴とした各種シリル化ペプチド原料7件の情報をご提供いただきました。
追加原料