表示名称、原料、処方例の検索ができる化粧品技術者のためのデータベースサイト

新着情報

カテゴリー

書庫

2020年
2019年
2018年
2017年
2016年
2015年
2014年
2013年
2012年
2011年
2010年
2009年
2008年
2007年
2006年
2005年
業界情報 ヒトオリゴペプチド-1

 食薬区分の一部改正に関する意見募集が行なわれています。この中にはEGF(上皮細胞増殖因子、ヒトオリゴペプチド-1)を医薬品成分とする案が含まれています。改正案通りならヒトオリゴペプチド-1はネガティブリストに収載されない限り化粧品への配合が禁止になります。ヒトオリゴペプチド-1以外のヒトオリゴペプチドに関する解釈は不明です。
パブリックコメント
2012-11-23に補足記事をあげてます。

おしらせ 処方情報の効果的な管理に興味がある方へ

【化粧品及び医薬部外品における処方情報管理システムの考え方】
−社内開発、委託開発する際に考えておかなければならない事項−
と題するセミナーを開催します。

 ●日時 2012年11月12日(金) 10:30-16:30
 ●会場 [東京・大井町]きゅりあん4階研修室

 消費者や行政からの問い合わせや各種調査が複雑化・詳細化しており、化粧品処方情報をシステムとして管理する必要性が日に日に高まっています。しかし、システムを自社開発するにも他社に開発を委託するにも化粧品薬事の細かなルールをどのような形でシステム化するのかが高い壁として存在します。化粧品処方情報管理システムの開発で失敗しないために化粧品会社が考えておかなければならないポイントをまとめます。
 講師割引制度があります。参加希望の方は久光まで一声おかけください。
セミナー案内

原料情報 原料情報追加

 日油(株)様から、新規アルギニン誘導体「WILBRIDE R-PL」、テトラオレイン酸ソルベス-60「ユニオックスST-60E」、経皮吸収促進効果がある「WILBRIDE MG-2070」、油増粘剤の「WILBRIDE RC-9050」、計4件の原料情報をご提供いただきました。
追加原料

おしらせ 処方情報の効果的な管理に興味がある方へ

【化粧品及び医薬部外品における処方情報管理システムの考え方】−社内開発、委託開発する際に考えておかなければならない事項−
と題するセミナーを開催します。

 ●日時 2012年11月12日(金) 10:30-16:30
 ●会場 [東京・大井町]きゅりあん4階研修室

 消費者や行政からの問い合わせや各種調査が複雑化・詳細化しており、化粧品処方情報をシステムとして管理する必要性が日に日に高まっています。しかし、システム開発会社は化粧品のルールにはまったくの無知なので、安易に開発を委託すると失敗します。失敗しないために化粧品会社が考えておかなければならないことをまとめます。
(株)情報機構セミナー案内

処方例 処方例追加

 日本エマルジョン(株)様から、同社の活性剤を活用したシャンプーの処方例4件をご提供いただきました。
追加処方例

おしらせ ありがとうございます10周年

 有限会社久光工房は10月1日から創業10年目に入りました。また、「Cosmetic-Info.jp」は前身の「Cosmetics-Professional.com」から数えて13年目に入ります。Cosmetic-Info.jpに数多くの要望をお寄せいただき、活用していただいているご利用者のみなさまと、数多くの原料情報をご提供いただいている多くの参加企業様のおかげでここまできました。
 今後とも化粧品業界における情報環境向上のために貢献していきますので末永くごひいきのほどよろしくお願い申し上げます。

その他 出張費用の節約にどうぞ

 有限会社久光工房は、株式会社 旅キャピタル(本社:東京都港区、代表取締役社長:吉村 英毅)と提携をし、「Cosmetic-Info.jp」へ総合旅行コンテンツの提供を開始いたしました。最大出発1時間前予約も可能でありつつ、お得な費用で航空券やホテル、ツアーなどの予約ができるので、急な出張にも対応できます。もちろん出張以外に旅行、帰省などにもOK。
 トップページのバナー広告「C-I TRAVEL」をクリック。