表示名称、原料、処方例の検索ができる化粧品技術者のためのデータベースサイト

新着情報

カテゴリー
書庫
2020年
2019年
2018年
2017年
2016年
2015年
2014年
2013年
2012年
2011年
2010年
2009年
2008年
2007年
2006年
2005年
おしらせ 社名変更

「株式会社マルハニチロ食品」から「マルハニチロ株式会社」に社名変更しております。

おしらせ 中文名称について

 Cosmetic-Info.jpで記載している中文名称は、中国の国家薬品監督管理局(NMPA<旧CFDA>)が公表している国際化粧品原料標準中文名称目録(2010年版)【http://www.nmpa.gov.cn/WS04/CL2198/324989.html】および、使用化粧品原料名称目録(2015年版)【http://www.nmpa.gov.cn/WS04/CL2193/300096.html】をもとにしています。
・国際化粧品原料標準中文名称目録(2010年版)は、INCI名と中文名称の単純な対比表(辞書)で、使用可否は触れていません。
・使用化粧品原料名称目録(2015年版)は、中国で製造販売された使用前例がある成分のリストです。中国で販売可能かどうかは、中国当局にご確認ください。
従いましてCosmetic-Info.jpは、それぞれ独立して掲載している点をご周知ください。

おしらせ 社名変更

「DSMニュートリション ジャパン株式会社」から「DSM 株式会社」に社名変更しております。
◆DSMの原料

おしらせ 社名変更

「ダウ・ケミカル日本(株)/東レ・ダウコーニング(株)」から「ダウ・ケミカル日本(株)/ダウ・東レ(株)」に社名変更しております。
◆ダウ・ケミカル日本/ダウ・東レの原料

おしらせ CITE Japan 2019 全力運転中

始まりましたCITE Japan。中央出入り口付近「CO-4」ブースで展示しております。
★製造メーカー様向け 
 使い勝手のいい処方情報管理システムを紹介してます。 
★原料メーカー様向け
 Cosmetic-Info.jpの費用対効果やメリット・デメリットをお伝えします。
★Cosmetic-Info.jpご利用者様向け
 今年のノベルティは、飴ちゃんです。「疲れた〜、エネルギーほしい」という方は、ぜひ、糖分をゲットしに来てください。皆様のご来場お待ちしてます。

おしらせ CITE Japan 2019 に出展します。

 5月15日(水)から開催されるCITE Japan 2019に久光工房も出展します
★原料メーカー様向け
 Cosmetic-Info.jpに登録した際の費用対効果やメリット・デメリットどうなのよー!?・・・を知りたいなーなど、素朴なご質問でも構いませんので、お気軽にお声がけください。
★製造メーカー様向け
 設計処方から化粧品全成分リスト、部外品申請処方、部外品全成分リスト、INCIリスト、中文名称リストの自動作成もできる化粧品処方情報管理システム「CFMS」を展示します。
 全成分リストの作成や、自社化粧品処方情報の効果的な管理に「うー、システム費用抑えたい」・・・などお悩みの研究員や薬事担当の方、ぜひ弊社ブースでCFMSを体験してください。
 中央出入り口付近の「CO-4」(端っこの小さなブース)でひっそりとお待ちしております。

おしらせ 社名変更

「日本合成化学工業株式会社」から「三菱ケミカル株式会社」に社名変更しております。
◆三菱ケミカルの原料

おしらせ 新機能「CIR(The Cosmetic Ingredient Review)」にリンクします。

「化粧品表示名称」の検索結果で、CIR(The Cosmetic Ingredient Review)の Report がある場合は、「レポート」が表示されます。
 CIRのサイトにリンクできますが、クリックした際にPCPC(Personal Care Products Council)のアカウントがない方は、「レポート」の表記下に「[CIR]」という箇所をクリックし、Cosmetic-Info.jpの画面に一旦戻れば、レポート画面が表示されます。

おしらせ 中文名称について

 Cosmetic-Info.jpで記載している中文名称は、中国の国家薬品監督管理局(NMPA<旧CFDA>)が公表している国際化粧品原料標準中文名称目録(2010年版)【http://www.nmpa.gov.cn/WS04/CL2198/324989.html】および、使用化粧品原料名称目録(2015年版)【http://www.nmpa.gov.cn/WS04/CL2193/300096.html】をもとにしています。
・国際化粧品原料標準中文名称目録(2010年版)は、INCI名と中文名称の単純な対比表(辞書)として、使用の可否については触れていません。
・使用化粧品原料名称目録(2015年版)は、中国で製造販売された使用前例がある成分のリストと通知されていますので、当局の詳細な内容を踏まえて、中国で販売可能かどうかご確認ください。
従いまして、それぞれ独立して掲載している点をご周知ください。

おしらせ 新機能「単一成分原料」が表示されます

「化粧品表示名称」の検索結果で、「単一成分原料」がある場合は、該当原料が表示できるようになりました。
(例)グリセリン、BG、シリカ、ジメチコン・・・・などなど、ぜひ、ご活用ください。

SSLとは?