表示名称、原料、処方例の検索ができる化粧品技術者のためのデータベースサイト

処方例 詳細 

処方名
クレンジングミルク (NAD064-11-03D)
提供 アリスタヘルスアンドニュートリションサイエンス株式会社[公式サイトへ]
剤型分類 クレンジングミルク
特長 とても光沢がありやわらかいクリーム。のびがよく、なめらかな感触。
粘度:15,000〜25,000mPa・s (B型粘度計、スピンドルNo.T-B, 10rpm, 室温24時間後)
pH:6.0〜7.0
処方
原料 配合量
I相 全量で100
グリセリン 2.00
キサンタンガム 0.30
エチレンジアミンコハク酸3Na 0.30
ハチミツエキス 1.00
パンテノール 1.00
II相 オリベム800 (オリーブ油脂肪酸セテアレス-6) 4.00
オリワックス (水添オリーブ油、オリーブ油、水添オリーブ油不けん化物) 4.00
センソリーン ケア DD(オリーブ油脂肪酸ラウリル) 3.00
ステアリン酸PEG-2 1.50
アボカド油、水添野菜油 2.00
アーモンド油 2.00
ステアレス-21 2.00
ステアレス-2 2.00
ポリアクリル酸Na 0.40
BHT 0.10
III相 ポリアミド-5 2.00
IV相 5.00
ヒアルロン酸Na 0.10
V相 オリベム300 (オリーブ油PEG-7) 3.00
VI相 オリーブ葉エキス、水 1.00
ビサボロール 1.00
香料 適量
フェノキシエタノール
メチルパラベン
ブチルパラベン
エチルパラベン
プロピルパラベン
イソブチルパラベン
0.80
調製方法
  1. I相とII相を調製し、それぞれ75〜80℃に加熱する。
  2. 70〜75℃で高速撹拌機でホモジナイズしながらII相をI相に添加する。
  3. ゆっくりかき混ぜながら40℃に冷却する。
  4. III相、IV相、V相、VI相を順々に添加し、高速撹拌機でホモジナイズする。
使用原料
お問い合せ
アリスタヘルスアンドニュートリションサイエンス(株)
ヘルスケア グループ
TEL:03-3547-4676
email:Cosme.sales@upl-ltd.com
SSLとは?