名称 アンチセルライトクリーム (NAD025-08-13G)
アイテム クリーム
提供 アリスタヘルスアンドニュートリションサイエンス株式会社
処方例
原料配合量
I相 オリベム1000 (オリーブ油脂肪酸セテアリル、オリーブ油脂肪酸ソルビタン) 3.00
センソリーン (オリーブ油脂肪酸エチルヘキシル) 1.50
オリワックスLC (パルミチン酸セチル、パルミチン酸ソルビタン、オリーブ油脂肪酸ソルビタン) 1.50
トリ酢酸グリセリル-7 3.00
トリ(カプリル酸/カプリン酸)グリセリル 3.00
テトラジブチルヒドロキシヒドロケイヒ酸ペンタエリスリチル 0.30
II相 シクロメチコン 4.00
III相 全量で100
PG 2.00
カフェイン 3.00
キサンタンガム 0.25
カルボマー 0.25
(アクリレーツ/アクリル酸アルキル(C10-30))クロスポリマー(カーボポールUltrez 10) 0.20
IV相 メントール 0.50
エタノール 0.50
V相 カンフル 0.50
防腐剤 適量
香料 適量
調製方法
  1. カフェインが溶解しやすいように水相をpH5〜5.5に調製する。
  2. 高速撹拌機を使わずに(アクリレーツ/アクリル酸アルキル(C10-30))クロスポリマーを冷水に完全に分散させる。
  3. I粗とIII相をそれぞれ調製し、75℃に加熱し、III相は高速撹拌機をつかって増粘剤を分散させる。
  4. 75℃でI相をIII相に添加し、数分間ホモジナイズする。
  5. II相(シクロメチコン)を添加する。
  6. ゆっくり撹拌しながら冷却する。
  7. メントールをエタノールに溶解し(IV相)、40℃以下で系に添加する。
  8. 40℃以下でV相を添加する。
使用原料
備考 粘度(RVDV-E, スピンドルNo5, 20rpm):12000〜16000mPa・s
pH:5.0〜7.0