表示名称、原料、処方例の検索ができる化粧品技術者のためのデータベースサイト

製品詳細 

カネカ・プレミックス SQ401
化粧品表示名称
部外品申請成分名
特長
・カネカ・プレミックスは、あらかじめD相(Detergent相; Bicontinuous相)を形成させたプレミックス原料であり、オイルゲル(O/Dゲル)や微細な乳化物(D相乳化物)を作る際に役立ちます。
・カネカ・プレミックスを使うと、処方中の乳化剤量を1%以下に抑えても安定で、べたつかず良感触なクリームやクレンジングジェルの作成が期待できます。
・乳化剤として発酵由来の自然原料(※1)である「カネカ・サーファクチン(サーファクチンNa)」を採用しており、天然系の処方にも使用できる可能性があります(※2)。
他にも様々な油を追加配合して乳化できるため、自由度の高い処方設計をすることができます。
・カネカ・サーファクチン(サーファクチンNa)の「少量でも安定に乳化できる」という特徴を活かすため、手間のかかる初期プロセスを実施済みの状態で製品化しており、製造時にかかる時間と労力の削減が期待できます。

 ※1:ISO16128で定義された自然原料を意味します。
 ※2:詳細はお問い合わせください。

使用例:クレンジング・クリーム・乳液・メイクアップ・ヘアケア
参考資料
カネカ・プレミックス SQ401_イメージ図
イメージ図
製造元
株式会社カネカ [公式サイトへ]
お問い合わせ
問い合わせ先の会社ロゴ
(株)カネカ
新規事業開発部 (企画)
〒530-8288
大阪市北区中之島2-3-18
Tel:06-6226-5109
Email:surfactin@kn.kaneka.co.jp
お気に入りへ登録