名称 ツヤ肌 ボディーローション(Stain Body Glow) (18SC16)
アイテム 乳液
提供 旭化成ワッカーシリコーン株式会社
処方例
成分名 商標名 配合量(%)
A ステアリン酸グリセリル Cutina MD 5.00
ジ(カプリル酸/カプリン酸)PG Crodamol PC 3.00
酢酸トコフェノール Copherol 1240 1.00
アルキル(C26-28)ジメチコン BELSIL® CDM 3526 VP 3.00
シア脂 Sheabutter raffiniert 4.00
パルミチン酸イソプロピル Isopropylpalmitat 8.00
セテアリルアルコール Lanette O 2.00
B PEG/PPG-20/20コポリマー、PEG/PPG-2 0/20ジメチコン BELSIL® OW 1500 2.50
グリセリン Glycerin 5.00
PEG/PPG-20/20フェニルイソプロピルカプリリルジメチコン BELSIL® PF 200 5.00
キサンタンガム Keltrol CG-SFT 0.20
Water 60.50
C 香料 Parfum 40 053 G So Softly 0.20
フェノキシエタノール、メチルパラベン、エチルパラベン、ブチルパラベン Euxyl K 340 0.30
水酸化Na Natriumhydroxid (10%) 0.30
調製方法
  1. A相の原料を混合し、60℃まで加温する。
  2. BELSIL® PF 200と水を均一になるまで混合し、その後順次B相の原料を撹拌下加える。
  3. B相をULTRA TURRAXにて1分間、1300rpmで撹拌し、均一化する。
  4. A相をULTRA TURRAXで1500rpmにて撹拌しながら、B相を3分かけてゆっくり加える。
  5. ゆっくり撹拌しながら、室温まで自然冷却する。
  6. 40℃以下になったら、C相の原料を加える。
  7. pHを5.0-5.5に調整する。
使用原料
備考 BELSILR® PF 200は、高屈折率を有する多官能フェニル変性シリコーンです。処方に塗 布後のツヤと良好な輝きを与えます。
BELSILR® OW 1500は、O/W乳化助剤として機能し、処方の安定性と感触改良効果を与えます。
BELSILR® CDM 3526 VPは、融点35℃のシリコーンワックスであり、処方の伸展性改良にとどまらず、柔らかくべたつかない感 触を付与し処方の効果を高めます。