名称 O/Wクリームファンデーション
アイテム 乳化型ファンデーション
提供 阪本薬品工業株式会社
処方例
PhaseNo.原料名(表示名称)配合量(%)
A1S Face VL-211 (マカデミアナッツ油ポリグリセリル-6エステルズベヘネート)
MACADAMIA SEED OIL POLYGLYCERYL-6 ESTERS BEHENATE
2.00
2スクワラン
SQUALANE
14.30
3イソノナン酸イソトリデシル
ISOTRIDECYL ISONONANOATE
5.00
4ベヘニルアルコール
BEHENYL ALCOHOL
0.60
5ステアリン酸グリセリル (SE)
GLYCERYL STEARATE SE
0.60
6ジメチコン
DIMETHICONE
0.50
B7S Face S-1001P (ステアリン酸ポリグリセリル-10)
POLYGLYCERYL-10 STEARATE
1.50
8Diglycerin 801 (ジグリセリン)
DIGLYCERIN
3.00
9BG
BUTYLENE GLYCOL
4.50
10トリエタノールアミン
TRIETHANOLAMINE
0.30
11ステアロイルグルタミン酸Na
SODIUM STEAROYL GLUTAMIC ACID
0.30
12カルボマー
CARBOMER
0.20
13(アクリレーツ/アクリル酸アルキル(C10-30))クロスポリマー
ACRYLATES/C10-30 ALKYL ACRYLATE CROSSPOLYMER
0.10
14キサンタンガム
XANTHAN GUM
0.04
15精製水
WATER
44.36
C16SY-Glyster MO-7S (オレイン酸ポリグリセリル-10)
POLYGLYCERYL-10 OLEATE
0.40
17BG
BUTYLENE GLYCOL
4.00
18顔料(シリコーン処理)
PIGMENTS (Treated by Silicone)
8.30
19精製水
WATER
10.00
20防腐剤
PRESERVATIVE
q.s.
調製方法
  1. A相、B相をそれぞれ80℃に加温し、均一にする。
    Stir A and B separately at 80℃ until completely dissolved.
  2. 80℃にて、B相にA相を徐々に添加し乳化する。
    Add A to B gradually, while stirring and keeping temperature at 80℃ until completely emulsified.
  3. C相を均一分散後、クリームに添加し均一混合する。
    After stirring C until completely dispersed, add it to A&B cream and stir.
使用原料
備考 Sフェイスを乳化剤として用いることで、やわらかな感触のファンデーションが得られます。
また、顔料分散性に優れるためEOフリー処方が可能となります。
VL-211を配合することで、エモリエント性が高いにもかかわらず、さっぱりとした感触が得られます。

A foundation with soft feel can be obtained by formulating S Face Series as emulsifiers.
S Face Series are excellent in pigment dispersing property and enable EO free formulations.
By formulating VL-211, a fresh feel can be obtained despite its high emollient property.