名称 日焼け止めローション (08Sun08)
アイテム サンスクリーン
提供 旭化成ワッカーシリコーン株式会社
処方例
成分 商標名 配合量(%)
A相 ステアロイルオキシステアリン酸イソセチル Dub Heliocrystal 4.50
トリメチルシロキシフェニルジメチコン BELSIL® PDM 20 3.00
(VP/エイコセン)コポリマー Antaron-Ganex™ V-220 1.50
トリメチルシロキシケイ酸 BELSIL® TMS 803 1.00
安息香酸アルキル(C12-15) Tegosoft® TN 3.00
B相 オクトクリレン Eusolex® OCR 6.00
t-ブチルメトキシジベンゾイルメタン Eusolex® 9020 5.00
ミツロウ Bienenwachs 8104 white 2.00
ステアリン酸グリセリル、セテアレス-20、セテアレス-12、セテアリルアルコール、パルミチン酸セチル Emulgade® SE-PF 3.50
C相 セチルリン酸Na Amphisol® K 1.00
EDTA-2Na Idranal™ III 0.25
グリセリン Glycerin 4.00
パンテノール 1.00
キサンタンガム Keltrol® SF 0.25
44.50
D相 15.00
酸化チタン、アルミナ、シメチコン Eusolex® T 2000 3.00
E相 酢酸トコフェロール Copherol® 1250 0.50
香料 Perfümöl Laura 26097 0.50
フェノキシエタノール、メチルパラベン、エチルパラベン、ブチルパラベン、プロピルパラベン、イソブチルパラベン Phenonip™ 0.50
調製方法
  1. A相のオイルを攪拌しながら75 ̊Cに加熱する。
  2. A相のレジン類を加えて溶かす。
  3. 別の容器を用いてB相の成分を混合し、75 ̊Cに加熱する。
  4. キサンタンガムを除くC相の成分を別のマグネチックスターラーに入れ、75 ̊Cに加熱する。
  5. C相にキサンタンガムを篩でゆっくりと加える。
  6. D相の水相と粉体を速度の速いディゾルバーで30分間かき混ぜ、酸化チタンを分散させる。
  7. A相を分散しながらB相を加える。
  8. 続けてC相を加え、攪拌速度を緩めて冷やす。
  9. 約40 ̊CでD相を加えて分散させる。
  10. 室温付近でE相の香料と防腐剤を加える。
使用原料
備考 低粘度ジメチコンBELSIL® PDM 20は処方に光沢を与え、心地よい感触をもたらします。
MQレジンBELSIL® TMS 803はフィルムを形成し、撥水性を高める働きがあります。
本処方の SPF(計算値)は20です。