名称 クリーム(CPD060-09-09)
アイテム クリーム
提供 アリスタヘルスアンドニュートリションサイエンス株式会社
処方例
原料 配合量
I相 全量で100
グリセリン 4.00
キサンタンガム 0.30
(アクリレーツ/アクリル酸アルキル(C10-30))クロスポリマー 0.10
II相 オリベム1000
(オリーブ油脂肪酸セテアリル、オリーブ油脂肪酸ソルビタン)
1.00
セテアレス-12 2.00
セテアリルアルコール 3.00
炭酸ジエチルヘキシル 3.00
ステアリン酸オクチル 1.20
マカデミアナッツ油 0.50
ブドウ種子油 1.00
III相 オリーブ葉エキス、水 0.50
酢酸トコフェロール 0.50
防腐剤 適量
香料 適量
調製方法
  1. グリセリン水溶液に高速撹拌機などを使って増粘剤を分散溶解させ、75〜80℃に加熱する。
  2. II相を調製して70〜75℃に加熱する。
  3. ホモジナイズしながらII相をI相へ添加する。
  4. 水浴中で撹拌しながら40℃に冷却する。
  5. III相を添加して数分間ホモジナイズする。
  6. 水浴中で撹拌しながら室温まで冷却する。
使用原料
備考 オフホワイトのツヤがあるクリーム。延びとなじみがよく、塗布後の柔らかさがある。
粘度:6,000〜9,000(室温24時間後ブルックフィールド粘度計スピンドルNo.4, 20rpm)
pH:6.0〜7.0