表示名称、原料、処方例の検索ができる化粧品技術者のためのデータベースサイト

処方例 詳細 

iVC® オートファジーブライトニングジェル (SK-222)
提供 株式会社成和化成[公式サイトへ]
剤型分類 O/W型フェイスクリーム
特長 「iVC® オートファジーブライトニングジェル (SK-222)」は、明るく透明感のある肌を手に入れられるジェルです。
世界初のオートファジーによるブライトニングメカニズムを持ったビタミンC誘導体を配合しています。
肌のトーンをアップし、隠れシミにも効果的です。
クリーミーでみずみずしいジェルが肌を優しく包み込みます。

「Amitose® HGA」は、メラニン産生抑制、メラニン輸送阻害、メラニンに対するオートファジーの活性化という3つの作用でブライトニング効果を発揮するビタミンC誘導体です。
「SEPIPLUS™ S 」は、高い耐塩性を示す乳化増粘剤です。リッチで、クリーミーなテクスチャーの処方を調製可能です。

外観:白色のジェル
pH:4.5-5.5 (25℃)
安定性(0℃/25℃/40℃/50℃、2ヶ月):外観変化なし
処方箋
配合成分名配合量(%)
A(アクリレーツ/アクリル酸アルキル(C10-30))クロスポリマー0.50
50.00
B水酸化K適量
CSEPIPLUS™ S ((アクリル酸ヒドロキシエチル/アクリロイルジメチルタウリンNa)コポリマー、ポリイソブテン、PEG-7トリメチロールプロパンヤシ油アルキルエーテル、水)1.00
スクワラン5.00
DBG5.00
euxyl™ PE 9010 (エチルヘキシルグリセリン、フェノキシエタノール)0.50
残量
Eクエン酸バッファー (pH4.5)0.10
Amitose® HGA (ヘキシル3-グリセリルアスコルビン酸、グリセリン、水)5.00
調製方法
  1. A相にB相を添加し、pH4.5-5.0に調整する。
  2. C相に予め混合しておいたD相を数回に分けて添加し、均一に混合する。
  3. 1と2を均一に混合する。
  4. 3にE相を添加してディスパーで3,000 rpm、 1分撹拌し、製品とする。
使用原料
お問い合せ
問い合わせ先の会社ロゴ
(株)成和化成
TEL:072-987-2626
FAX:072-987-2072
e-mail:sales@seiwakasei.co.jp
お気に入りへ登録