表示名称、原料、処方例の検索ができる化粧品技術者のためのデータベースサイト

処方例 詳細 

ディスペンサータイプ ハンドウォッシュ
提供 ダウ・ケミカル日本株式会社/ダウ・東レ株式会社[公式サイトへ]
剤型分類 その他洗顔料 ハンド・ネイルケア
特長 エタノール処方に比べ、CARBITOL Solvent処方は、以下のメリットがあります。
・殺菌成分に対する溶解性
・素早い泡立ち
・泡の密度の向上
・同等の洗い流しやすさ
・洗い流し後のしっとり感
・洗い流し後のツッパリ感の低減

pH: 7.0 – 8.0
粘度: <500 mPa·s
(ブルックフィールド社 RV, 20rpm, 25 °C)
処方箋
PhaseTrade Name表示名称% Wt
APotassium Hydroxide水酸化K2.00
Versene NA2 Crystal (Dow)EDTA-2Na0.10
Water17.90
BLauric acidラウリン酸7.00
Oleic acidオレイン酸1.00
CPropylene Glycol JSQI (Dow)PG2.00
Dipropylene Glycol LO+ JSQI (Dow)DPG2.00
SOFTCAT Polymer SL-100 (Dow)ポリクオタニウム-670.20
Water46.90
DStandapol ES-2 (25% solid) (BASF)ラウレス硫酸Na8.00
EcoSense 919 (50% solid) (Dow)ヤシ油アルキルグルコシド4.20
Cremophor CO40 (BASF)PEG-40水添ヒマシ油0.70
Neolone PH100 preservative (DuPont)フェノキシエタノール0.80
Eo-Cymen-5-olイソプロピルメチルフェノール0.20
CARBITOL Solvent JSQI Personal Care Grade (Dow)エトキシジグリコール7.00
調製方法
  1. Phase CのSoftCAT をPGとDPG中に分散し、水を加えて均一になるまで攪拌する。
  2. Phase Bを混合し、65℃まで加温する。
  3. 攪拌しながらPhase DをPhase Cに1つずつ加え、完全に溶解するまで65℃で加温を続ける。
  4. Phase Aを混合して攪拌する。
  5. Phase AにPhase Bを攪拌しながら加え、均一になるまで攪拌する。
  6. 45℃以下になるまで攪拌しながら放冷する。
使用原料
お問い合せ
問い合わせ先の会社ロゴ
ダウ・ケミカル日本(株)/ダウ・東レ(株)までどうぞ。
電話:0120-77-6278
弊社ホームページからも承ります。
https://jp.dow.com/ja-jp/contact-us
お気に入りへ登録