表示名称、原料、処方例の検索ができる化粧品技術者のためのデータベースサイト

処方例 詳細 

Even Reset - Memory Form Cream
Formula #100-10114
提供 アシュランド・ジャパン株式会社[公式サイトへ]
剤型分類 O/W型フェイスクリーム その他スキンケア
特長 material #862018
<処方特長>
White memory form cream
<物性>
pH:5.9〜6.4
粘度:65,000〜100,000cps (Brookfield RVT | Spindle T-C | 5RPM | 1min | 25℃)

3ヶ月の安定性加速試験、28日間のチャレンジテスト(保存効力試験)に合格。
但し、防腐剤は低く、有効レベルまでの最適化ではありません。
処方箋
原料名成分名供給会社配合量(%)
APurified WaterQs 100
Zemeaプロパンジオール5.00
BPOLYSURF 67 CS (ポリサーフ 67 CS)セチルヒドロキシエチルセルロースアシュランド・ジャパン0.40
CAmphisol Kセチルリン酸KDSM0.50
DSpan 20 LQ (MV)ラウリン酸ソルビタンクローダ3.00
Gransil VX-418ビスステアリルジメチコン2.00
CERAPHYL SLK (セラフィル SLK)ネオペンタン酸イソデシルアシュランド・ジャパン6.00
CERAPHYL 791 (セラフィル 791)ステアロイルオキシステアリン酸イソセチルアシュランド・ジャパン3.00
EOPTIPHEN (オプティフェン)フェノキシエタノール、カプリリルグリコールアシュランド・ジャパン0.75
Rapilhix A-60 polymerポリアクリル酸Na、水添ポリデセン、トリデセス-6 アシュランド・ジャパン0.65
FPF Nat Love Violet Powdery香料、p-Methoxybenzaldehyde、リモネン、リナロール、ゲラニオール、シトラール0.30
GDermostatyl IS(ダーモスタティル IS)水、BG、ヘキサペプチド-2アシュランド・ジャパン1.00
調製方法
  1. A相を均一にし、75〜80℃に加熱します。
  2. 加熱途中で、A相が50℃になった時にB相を投入し、粘度がわずかに増加するまで加熱しながら撹拌混合します。
  3. 別ビーカーにD相を準備し、均一になるまで75〜80℃に加熱します。
  4. 3.が75℃になったらC相を加えてよく撹拌します。
  5. 4.が均一になったら、75℃でD相を加えて、再度均一にします。
  6. 温度を下げ、45℃になったらE相を加え、均一になるまでよく撹拌します。
  7. 30℃でF相を投入し、撹拌混合後に、G相を加えてよく混ぜます。
  8. 25℃で取り出します。
使用原料
お問い合せ
問い合わせ先の会社ロゴ
アシュランド・ジャパン(株)
Tel:03-5566-8705
Fax:03-5566-8682
メール:mfukuda@ashland.com(担当:福田)
お気に入りへ登録