表示名称、原料、処方例の検索ができる化粧品技術者のためのデータベースサイト

製品詳細 

ハーブカルスコンプレックス
化粧品表示名称
部外品申請成分名
特長
ハーブ(薬草)の幹細胞エキスをミックスした“ハーブカルスコンプレックス”です。
ヨモギ、アロエ、高麗人参、エキナセア、イチョウの「カルス培養エキスが配合されています。
幹細胞は、植物をカットした際に起こる生体防御反応を利用しており、成長因子、抗酸化物質などの再生因子を多く含んでいます。

“ハーブカルスコンプレックス”には、様々な機能性が確認されています。

【特長】
1.抗シワ効果(ヒト臨床試験)
2.抗炎症効果(CO-X2(シクロオキシゲナーゼ-2)の抑制効果)
3.創傷治癒効果
4.収斂効果
5.肌の水和作用(アクアポリン-3増強効果)
6.バリア機能改善(TEWL評価)
7.抗酸化効果(DPPHラジカル消去能)
参考資料
ハーブカルスコンプレックス_素原料イメージ図
素原料イメージ図
製造元
株式会社銀座・トマト [公式サイトへ]
取り扱い
株式会社銀座・トマト [公式サイトへ]
お問い合わせ
問い合わせ先の会社ロゴ
(株)銀座・トマト
東京都中央区銀座8-10-4和孝銀座8丁目ビル
TEL:03-3572-5555(代表)
FAX:03-3575-8888
メール:salesinfo@ginza-tomato.co.jp
お気に入りへ登録