表示名称 トウガラシ果実エキス
成分番号 553262
INCI
  • Capsicum Frutescens Fruit Extract
    •  (旧称)CAPSICUM EXTRACT
    •  (旧称)CAPSICUM FRUTESCENS (EU)
    •  (旧称)CAPSICUM FRUTESCENS EXTRACT
  • Capsicum Annuum Fruit Extract
    •  (旧称)CAPSICUM ANNUUM (EU)
中文名称
辣椒(CAPSICUM ANNUUM)果提取物 (国際化粧品原料標準中文名称目録(2010))
小米椒(CAPSICUM FRUTESCENS)果提取物 (国際化粧品原料標準中文名称目録(2010))
辣椒(CAPSICUM ANNUUM)果提取物 (已使用化妆品原料名称目录(2015版))
小米椒(CAPSICUM FRUTESCENS)果提取物 (已使用化妆品原料名称目录(2015版))
定義 本品は、トウガラシ Capsicum frutescens の果実のエキスである。[Capsicum annuum]
配合目的 皮膚コンディショニング剤(未分類)、抗フケ剤、抗黴剤、抗菌剤、酸化防止剤、収れん剤、ヘアコンディショニング剤、皮膚保護剤
規制分類
ネガティブリスト
「カンタリスチンキ、ショウキョウチンキ又はトウガラシチンキ」についての基準。これらの合計が1.0まで
CAS
CIR
PCPCのアカウントを持っていない方は
[CIR]←このリンクをクリックしてCIRの検索画面を1度開けばあとはアカウントなしでもレポートを開くことができます。
RTECS
有機性値
無機性値
備考  「トウガラシ果実エキス」成分番号:553301『定義:本品は、トウガラシ Capsicum annuum の果実のエキスである。[Capsicum frutescens]』が存在していたが、「トウガラシ果実エキス」にINCI「Capsicum Annuum Fruit Extract」を追記し、「トウガラシ果実エキス」成分番号:553301は削除されたと思われる。(2019年5月27日)

 抽出溶媒がエタノールの場合「トウガラシチンキ」に該当する。溶媒によって変わるものの念のために「ネガティブリスト」該当成分であるとしておく。
全ての化粧品に対して、抽出溶媒がエタノールに限り、マメハンミョウエキス、ショウキョウエキス、トウガラシエキス、トウガラシ果実エキスの合計量は100g中に1.0gまで。

旧粧原基002270「トウガラシチンキ」に対応する表示名称として設定されている。