名称 CCクリーム-SPF20(CC Cream-SPF20)(05CC14)
アイテム 乳化型ファンデーション
提供 旭化成ワッカーシリコーン株式会社
処方例
成分名 商標名 配合量(%)
AベントナイトBentonite 3.00
PG PPG USP 1.00
グリセリンGlycerin 1.00
塩化Na Natriumchlorid 0.90
メチルパラベン Metilparabeno 0.20
シリカ HDK® N20 0.30
BGButandiol 1,3 2.00
Water 25.60
B ジメチコン BELSIL® DM 2 3.00
ポリアクリルアミド、(C13,14)イソパラフィン、ラウレス-7 Sepigel 305 3.50
ポリソルベート80 Tween 80 1.50
プロピルパラベン Propilparabeno 0.10
クエン酸オレイン酸グリセリル、卜リ(カプリル酸/カプリン酸)グリセリル Dracorin GOC 3.00
トリメチルシロキシケイ酸 BELSIL® TMS 803 0.50
トリメチルシロキシフェニルジメチコン BELSIL® PDM 205.00
アルキル(C26-28)ジメチコン BELSIL® CDM 3526 VP 1.00
シク口ペンタシロキサン、力プリリルジメチコンエトキシグルコシド BELSIL® SPG 128 VP 10.00
C ジメチコン、(ジメチコン/ビニルトリメチルシロキシケイ酸)クロスポリマー BELSIL® REG 1102 4.00
酸化亜鉛、トリエトキシカプリリルシラン Z-Cote HP1 9.00
酸化鉄(77499)、シクロペンタシロキン、PEG/PPG-18/18ジメチコン、トリエトキシカプリリルシラン、酢酸トコフェロール UV Balance FAS60UVP100 8.50
酸化鉄(CI 77492)、シクロペンタシロキン、PEG/PPG-18/18ジメチコン、トリエトキシカプリリルシラン、酢酸トコフェロールFAS50EYSI-E 3.00
酸化チタン、シクロペンタシロキン、PEG/PPG-18/18ジメチコン FAS70USI-E4.00
酸化鉄(CI 77491)、シクロペンタシロキン、PEG/PPG-18/18ジメチコン、トリエトキシカプリリルシラン、酢酸トコフェロール FAS55ERSI-E 0.40
酸化鉄(77499)、シクロペンタシロキン、PEG/PPG-18/18ジメチコン、トリエトキシカプリリルシラン、酢酸トコフェロール FAS60EBSI-E0.30
D Water 5.00
デシレングリコール SymClariol 0.20
Eナイロン-12 Covabead N1210 3.00
ソルビトール、水、アルゲエキス Lanablue 1.00
調製方法
  1. A相;PGとグリセリンを水に溶かし、ベントナイトを強撹拌下投入し、均一なペーストを得る(所要時間;最低20分)
  2. A相に塩化Naを加え、60℃まで加温し、A相のその他の原料を加える。
  3. B相;別容器にて、BELSILⓇ TMS 803とBELSILⓇ DM 2を混合し、更に別の容器にて、その他のB相原料を混合し、60℃まで昇温したA相にB相をともに60℃の状態で撹拌下加え、その後強撹拌下5-7分撹拌する。
  4. 60℃にて、ULTRA TURRAXにて撹拌しながら、C相の原料を順次添加する。
    ※撹拌しすぎると系が崩れて不均一化する場合がある。その場合は、再度Max. 1000rpm程度の撹拌を行い系の状態を戻す。
  5. AB混合相を45℃まで自然冷却した後、別容器で混合したD相を撹拌下投入する。
  6. 1000rpmで撹拌下、E相の原料を順次投入した後、30-35℃まで冷却する。
使用原料
備考 各成分には以下の効果が有ります。
シリカHDK® H20;処方へチキソトロピー性付与
シリコーンレジンBELSIL® TMS803;被膜形成(顔料保持)、対水性付与
フェニル変性シリコーンBELSIL® PDM20、アルキル変性シリコーンBELSIL® CDM 3526 VP;顔料分散補助。
シリコーン界面活性剤BELSIL® SPG 128 VP、エラストマーレジンゲルREG 1102;顔料分散性向上、W/O処方の安定化、耐水性付与。