名称 W/Oクリームファンデーション
アイテム 乳化型ファンデーション
提供 阪本薬品工業株式会社
処方例
No. 原料名 配合量(%)
A 1. S Face IS-201P (イソステアリン酸ポリグリセリル-2) 1.20
2. S Face CR-1001 (ポリリシノレイン酸ポリグリセリル-6) 0.20
3. S Face L-1001 (ラウリン酸ポリグリセリル-10) 0.15
4. S Face VL-211 (マカデミアナッツ油ポリグリセリル-6エステルズベヘネート) 1.00
5. シクロペンタシロキサン 10.55
6. イソノナン酸イソトリデシル 5.00
7. ジステアルジモニウムヘクトライト 1.00
B 8. S Face IS-1009P (デカイソステアリン酸ポリグリセリル-10) 0.40
9. イソノナン酸イソトリデシル 4.00
10. 顔料(シリコーン処理) 8.50
C 11. Diglycerin 801 (ジグリセリン) 3.00
12. BG 10.00
13. 精製水 55.00
防腐剤 Q.S.
調製方法
  1. A相を60℃に加温し、均一にする。
  2. B相を分散する。
  3. B相をA相に添加し、分散する。
  4. C相を60℃に加温し、均一にする。
  5. 60℃にて、(A+B)相にC相を添加し乳化する。
使用原料
備考 特長:SフェイスはW/O乳化力および顔料分散性に優れるため、EOフリー処方が可能となります。
VL-211、ジグリセリンを配合することで高保湿でありながら、さっぱりとした感触が得られます。
IS-1009Pは顔料分散性に優れるため顔料ベースの調製に最適です。