名称 エモリエントクリーム
アイテム クリーム
提供 阪本薬品工業株式会社
処方例
No. 原料名 配合量(%)
A 1. S Face VL-211 (マカデミアナッツ油ポリグリセリル-6エステルズベヘネート) 5.00
2. トリエチルヘキサノイン 7.00
3. ミリスチン酸オクチルドデシル 5.00
4. スクワラン 3.00
5. ベヘニルアルコール 2.00
6. ステアリン酸グリセリル (SE) 1.00
7. ジメチコン 0.30
B 8. S Face M-1001 (ミリスチン酸ポリグリセリル-10) 0.75
9. S Face IS-1002P (ジイソステアリン酸ポリグリセリル-10) 0.75
10. 化粧品用濃グリセリン (グリセリン) 5.00
11. Diglycerin 801 (ジグリセリン) 0.50
12. BG 3.00
13. ステアロイルグルタミン酸Na 0.30
14. (アクリレーツ/アクリル酸アルキル(C10-30))クロスポリマー 0.20
15. 10%-水酸化K (85%) 0.60
16. ヒアルロン酸Na 0.06
17. 精製水 64.54
C 18. SYプランテックスKN(天然植物系抗菌製剤) 1.00
調製方法
  1. A相、B相をそれぞれ80℃に加温し、均一にする。
  2. 80℃にて、B相にA相を徐々に添加し乳化する。
  3. C相を添加し、均一に混合する。
使用原料
備考 特長:VL-211を配合することでエモリエント性が高いにもかかわらず、さっぱりとした感触が得られます。
グリセリンにジグリセリンを併用することで高保湿でありながら、べたつきを抑制することができます。