名称 W/O BBクリーム (12CC15)
アイテム クリーム、乳化型ファンデーション、サンスクリーン
提供 旭化成ワッカーシリコーン株式会社
処方例
成分 商標名 配合量(%)
A相 t-ブチルメトキシジベンゾイルメタン Eusolex 9020 3.00
ジエチルアミノヒドロキシベンゾイル安息香酸ヘキシル Uvinul A Plus Granular 2.00
ジメチコン、カプリリルジメチコンエトキシグルコシド BELSIL® WO 5000 20.00
トリ(ベヘン酸/イソステアリン酸/エイコサン二酸)グリセリル Nomcort SG 1.00
ステアリルジメチコン BELSIL® SDM 5055 VP 1.00
酢酸トコフェロール Copherol 1250 0.05
安息香酸 Bensoesäure 0.30
セバシン酸ジイソプロピル Dub Dis 7.00
オクトクリレン Eusolex OCR 8.00
タルク、黄酸化鉄(CI 77492)、ステアリン酸Mg、二酸化チタン(CI 77499)、マイカ、水酸化Al、ステアリン酸 WCP-2039-Da-Yellow3 1.40
B相 二酸化チタン (CI 77891)、ステアリン酸Mg、タルク、黒酸化鉄(CI 77499)、水酸化Al、マイカ、ステアリン酸 WCP-2039-Black3 1.13
赤及び褐色酸化鉄 (CI 77491)、ステアリン酸Mg、二酸化チタン(CI 77891)、マイカ、水、酸化Al、ステアリン酸 WCP-2039-Da-Red3 0.85
二酸化チタン (CI 77891)、タルク、ステアリン酸Mg、水酸化Al、マイカ、ステアリン酸 WCP-2039-White3 3.90
C相 41.37
硫酸Mg Magnesiumsulfat 7Hydrat 0.70
ベタイン TEGO NATURAL BETAINE 1.00
ヒアルロン酸Na 0.10
グリセリン Glycerin 1.00
D相 フェノキシエタノール Phenoxyethanol 0.40
E相 二酸化チタン、グリセリン、アルミナ UV-Titan M 212 3.50
F相 ジメチルシリル化シリカ HDK® H15 1.00
G相 シクロペンタシロキサン、(ジメチコン/ビニルトリメチルシロキシケイ酸)クロスポリマー BELSIL® REG 102 1.00
H相 香料 Parfum SCE 243993 Pitanga 0.30
調製方法
  1. A相の原料を撹拌下混合し、70~75℃に昇温する。
  2. 撹拌しながらB相をA相に加え、均一になるまで撹拌する。
  3. 別容器でC相の原料を撹拌しながら混合し、70~75℃に昇温する。
  4. C相をAB混合相に加え、Ultra Turraxにて撹拌しながら、ゆっくり加える(5分程度)
  5. C相添加後Ultra Turraxにて中程度の回転数で3分ほど撹拌し、その後自然冷却する。
  6. 温度が40℃以下となったところで、D相を加えUltra Turraxにて中程度の回転数で1分ほど撹拌する。
  7. E相を加えUltra Turraxにて中程度の回転数で5分ほど撹拌する。
  8. F相を加えUltra Turraxにて中程度の回転数で1分ほど撹拌する。
  9. G相を加えUltra Turraxにて1300rpmで1分ほど撹拌する。
  10. 最後にH相を加えUltra Turraxにて1300rpmで2分ほど撹拌し、その後室温まで自然冷却する。
使用原料
備考 糖変性シリコーン界面活性剤BELSIL® WO 5000は、W/O処方系の設計に適します。シリコーンワックスBELSIL® SDM 5055 VPは、伸展性と相溶性を向上させます。シリコーンエラストマーレジンゲルBELSIL® REG 102は、伸展性が良好で、耐水性が高いながらも空気透過性に優れる皮膜を形成するため、色移りの防止効果やUV吸収剤の持続性を高める効果とともに、柔らかい自然な感触を付与します。肌へ塗り込む際の白残りも抑え、滑らかな感触と同時にエモリエント効果も付与します。さらに、シリカHDK® H15のチキソトロピー性付与効果を加えることにより、塗りやすさが向上します。