名称 フルイドファンデーション (O/W Emulsion) (36CC10)
アイテム 乳化型ファンデーション
提供 旭化成ワッカーシリコーン株式会社
処方例
原料 配合量(%)
A相 ネオペンタン酸オクチルドデシル 1.00
プロピオン酸PPG-2ミリスチル 0.80
サリチル酸エチルヘキシル 4.80
BELSIL TMS 803 (トリメチルシロキシケイ酸) 1.90
トリ(カプリル酸/カプリン酸)グリセリル 1.90
B相 t-ブチルメトキシジベンゾイルメタン 1.90
BELSIL RG 100 (シクロペンタシロキサン、(ジメチコン/ビニルトリメチルシロキシケイ酸)クロスポリマー) 7.70
ステアリン酸グリセリル(SE) 1.90
トリオレイン酸ソルビタン 1.90
BELSIL CDM 3526 VP (アルキル(C26-28)ジメチコン) 1.90
C相 ケイ酸(Al/Mg) 0.46
赤および褐色酸化鉄 (CI 77491) 0.15
Unipure Brown LC 887 (酸化鉄 (CI 77491+CI 77492+CI 77499)) 0.10
黄酸化鉄 (CI 77492) 0.50
二酸化チタン (CI 77891) 3.95
タルク 1.90
Eusolex T2000 (酸化チタン、アルミナ、シメチコン) 2.90
Dry-Flo ELITE BN (オクテニルコハク酸デンプンAl、窒化ホウ素) 1.00
黒酸化鉄 (CI 77499) 0.04
D相 53.50
BG 2.90
グリセリン 2.90
ポリソルベート60 1.90
EDTA-4Na 0.30
キサンタンガム 0.50
E相 香料 0.50
フェノキシエタノール、メチルパラベン、エチルパラベン、ブチルパラベン、プロピルパラベン、イソブチルパラベン 0.50
酢酸トコフェロール 0.30
調製方法
  1. BELSIL® TMS 803を除くA相の成分を混合する。
  2. 1を攪拌し、少々加熱してBELSIL® TMS 803を加える。
  3. B相を加えて75℃に加熱する。
  4. 顔料のプレミックス(C、D相)を別途調製する。
    1. D相の成分を混合し、75℃に加熱する。
    2. C相を加えて均一に分散させる(顔料の分散を確認すること)。
  5. CD相にAB相を加え、均一に分散させる。
  6. ゆっくりと攪拌しながら室温まで冷却を始める。
  7. 40℃以下になったらE相を加える。
使用原料
備考 シリコーンエラストマーゲルBELSIL® RG 100は耐水性の被膜を形成し、色移りを抑えてクッションのような感触を与えるため、カラーコスメの原料に適します。疎水性でありながら空気透過性のある保護膜は、同時に原料の伸展性を向上させます。塗布時の白浮きや泡立ちを減らし、ベタツキを抑えて肌に柔軟性とエモリエント効果をもたらします。シリコーンレジンBELSIL® TMS 803は、被膜形成剤として耐水性と色移り耐性を付与します。融点35 ̊CのシリコーンワックスBELSIL® CDM 3526 VPは、顔料が均一に分散する手助けをします。