名称 クリームファンデーション (O/W Emulsion) (101VE06)
アイテム 乳化型ファンデーション
提供 旭化成ワッカーシリコーン株式会社
処方例
原料 配合量(%)
A相 ブチルパラベン 0.15
メチルパラベン 0.20
ステアリン酸グリセリル(SE) 3.40
ポリソルベート60 3.40
ステアリン酸ソルビタン 1.70
ステアリルアルコール 2.10
ミリスチン酸イソプロピル 6.00
炭酸ジカプリリル 6.00
BELSIL CDM 3526 VP (アルキル(C26-28)ジメチコン) 3.00
t-ブチルメトキシジベンゾイルメタン 0.60
B相 PG 12.50
43.60
グリセリン 2.00
C相 Unipure Brown LC 887 (酸化鉄 (CI 77491+CI 77492+CI 77499)) 0.12
黄酸化鉄 (CI 77492) 0.52
黒酸化鉄 (CI 77499) 0.04
二酸化チタン (CI 77891) 4.14
8.50
ポリソルベート60 1.00
赤および褐色酸化鉄 (CI 77491) 0.18
D相 フェノキシエタノール、メチルパラベン、エチルパラベン、ブチルパラベン、プロピルパラベン、イソブチルパラベン 0.05
0.50
E相 香料 0.30
調製方法
  1. A相とB相をそれぞれ75℃に加熱する。
  2. C相の水とポリソルベート60を60℃に加熱し、均一になるまで撹拌する。
  3. 2に顔料を加え、Turraxで均一に分散させる。
  4. B相にA相を加え、均一になるまで分散させる。
  5. 4をTurraxで分散させながらC相を加える。
  6. ゆっくりと撹拌しながら室温まで冷却し、40℃付近になったらD、E相を加える。
使用原料
備考 融点35℃のシリコーンワックスBELSIL® CDM 3526 VPが、O/Wエマルジョンの伸展性を高め、シルクのように滑らかで軽い感触を付与します。