表示名称、原料、処方例の検索ができる化粧品技術者のためのデータベースサイト

処方例 詳細 

処方名
オーガニックアンチエイジングボディクリーム (NAD077-12-02G)
提供 アリスタヘルスアンドニュートリションサイエンス株式会社[公式サイトへ]
剤型分類 ボディクリーム・オイル O/W型フェイスクリーム
特長 アイボリーの光沢のあるクリーム。リッチな保湿感でのびがよくビロードのような感触。
粘度:20,000〜30,000mPa・s (B型粘度計、スピンドルNo.T-C, 10rpm, 室温24時間後)
pH:5〜5.5
処方
原料 配合量
I相 全量で100
キサンタンガム 0.50
グリセリン 3.00
エチレンジアミンコハク酸3Na 0.30
アロエベラ葉汁 0.50
パンテノール 0.50
II相 オリベム1000(オリーブ油脂肪酸セテアリル、オリーブ油脂肪酸ソルビタン) 3.00
オリワックスLC (パルミチン酸セチル、パルミチン酸ソルビタン、オリーブ油脂肪酸ソルビタン) 2.00
センソリーン ケア DD(オリーブ油脂肪酸ラウリル) 2.00
シア脂、パーム脂、ホホバ種子油、アサイヤシ果肉 5.00
パーム脂 3.00
ホホバ種子油 5.00
カボカド油 6.00
セテアリルアルコール 1.00
トコフェロール 0.10
III相 10.00
ソルビン酸K 0.30
安息香酸Na 0.25
グリセリン、オリーブ葉エキス、水 0.50
調製方法
  1. キサンタンガムをディスパーで分散させてI相を調製し、75〜80℃に加熱する。
  2. II相を調製し、70〜75℃に加熱し、70〜75℃で高速撹拌機でホモジナイズしながらI相を添加する。
  3. 水浴下でホモジナイズしながら40℃まで冷却する。
  4. III相をゆっくりと添加し、高速撹拌機でホモジナイズする。
使用原料
お問い合せ
アリスタヘルスアンドニュートリションサイエンス(株)
ヘルスケア グループ
TEL:03-3547-4676
email:Cosme.sales@upl-ltd.com
SSLとは?