名称 保湿液(2)
アイテム 乳液
提供 日本エマルジョン株式会社
処方例
原料 配合量wt%
A 1 Dimethicone/Vinyl Dimethicone Crosspolymer,Dimethicone
((ジメチコン/ビニルジメチコン)クロスポリマー・ジメチコン)
1.00
2 AMITER MA-HD(ミリストイルメチルアミノプロピオン酸ヘキシルデシル) 2.00
3 Dimethicone (6 mm2/s)(ジメチコン) 3.00
4 Dimethicone (10 mm2/s)(ジメチコン) 2.00
5 Dextrin Palmitate(パルミチン酸デキストリン) 0.30
6 Quaternium-18 Hectorite(クオタニウム-18ヘクトライト) 0.50
7 EMALEX SS-5051(PEG-10ジメチコン・ジメチコン) 0.70
8 Cyclopentasiloxane(シクロペンタシロキサン) 4.00
9 Phenoxyethanol(フェノキシエタノール) 0.20
B 10 Iron Oxide(酸化鉄) 0.00
11 Glycerin(グリセリン) 5.00
12 Butylene Glycol(BG) 6.00
13 Magnesium Sulfate(硫酸Mg) 0.50
14 AGAR (UP-37)(カンテン) 0.10
15 Disodium EDTA (1% Aq. Soln.)(EDTA-2Na・水) 0.50
16 Water(水) 72.49
C 17 Alcohol (95%AI)(エタノール) 1.50
18 Methylparaben(メチルパラベン) 0.10
19 Propylparaben(プロピルパラベン) 0.10
20 Fragrance(香料) 0.01
調製方法
  1. 1~9を85℃まで加温し溶解する。 (A相)
  2. 10~16を80℃まで加温し溶解する。 (B相)
  3. 17~20を常温で溶解する。 (C相)
  4. B相をホモミキサーでかき混ぜながらA相を加え乳化する。(2,500rpm、30分間)
  5. その後パドルでかき混ぜながら40℃まで冷却し、更にC相を加え製品とする。
使用原料
備考