名称 ミディアムプロテクションエブリデイサンスクリーン in vivo SPF20("100222-002/001")
アイテム 乳液、サンスクリーン
提供 DSM ニュートリション ジャパン株式会社
処方例
原料名 配合量
A 1 パルソール 1789(t-ブチルメトキシジベンゾイルメタン) 3.00
2 パルソール 340(オクトクレリン) 2.70
3 パルソール SLX(ポリシリコ-ン-15) 3.00
4 パルソール TX(酸化チタン・シリカ・ジメチコン) 2.00
5 アンフィソルK(セチルリン酸K) 2.00
6 酢酸 dl-α-トコフェロール(酢酸トコフェロール) 0.50
7 セバシン酸ジイソプロピル 8.00
8 ジメチコン 0.30
9 ミリスチン酸グリセリル 4.00
10 セタノール 1.00
11 フェノキシエタノール/メチルパラベン/エチルパラベン/ブチルパラベン/プロピルパラベン/イソブチルパラベン 1.00
12 BHT 0.05
13 (VP/エイコセン)コポリマー 1.50
14 安息香酸アルキル(C12-15) 8.00
15 ジカプリリルエーテル 2.00
B 16 エチレンジアミンテトラメチレンホスホン酸5Na 0.50
17 グリセリン 5.00
18 キサンタンガム 0.30
19 41.85
C 20 10.00
21 TEA 1.20
22 フェニルベンズイミダゾールスルホン酸 2.00
23 パルソール HS(フェニルベンズイミダゾールスルホン酸) 2.00
D 24 TEA 0.10
調製方法
  1. 1〜15(A相)を85℃まで加熱し、ホモジネーションするまで攪拌する。
  2. 16〜19(B相)を85℃に加熱しA相に撹拌しながら加え、20〜23(C相)を加える。
  3. 全てがホモジネーションされたら、予め50℃に加熱した24(D相)を加える。
    パルソールHS溶液のpHは7であることに留意する。
    沈殿物が残った場合には、使用している中和剤を沈殿物が消えるまで少量加える。
    ホモジネーションしながら室温まで温度を下げていく。
  4. 35℃まで温度が下がったら、19(D相)を加える。
    一般的には乳化工程は真空の状態が望ましい。
使用原料
備考 高いUVA値と軽い感触がデイケア商品にぴったりです。
パルソールHSを2%加え、SPFが7ポイント上がりました。
pH:7.72
粘度(ブルックフィールド,RV4,10rpm):17840rpm
SPF in vivo:21.5
In vitro UVAPF:8.0
臨界波長:375nm