名称 ボディシャンプー
アイテム ボディシャンプー
提供 旭化成ファインケム株式会社
処方例
No.原料名/成分名配合量
1EDTA-2Na0.2
2メチルパラベン0.2
3ネオスコープCN-30(ココイルメチルタウリンNa)18.0
4精製水25.3
5アミノフォーマーFLDS-L(水+ラウロイルアスパラギン酸Na)30.0
6オバゾリンLB(ラウリルベタイン)20.0
7エヌジェポンECS-600A(ポリオキシエチレンセチルステアリルジエーテル)4.0
8アミノコート(ベタイン)1.0
9クエン酸1.3
調製方法 4)に1)〜3)を添加し、分散溶解しながら加熱撹拌する。次に5)〜7)を順次加えながら加熱し、混合して80℃まで加熱撹拌する。透明に溶解したら40℃まで冷却して、4)の一部に溶かした8)を添加し溶解する。 最後に9)を加えてpHを調整する。
使用原料
備考 主洗浄成分アミノ酸系使用
アシルアスパラギン酸塩で身体を清潔にし、すすぎも速いのでサッパリと洗い上げます。アシルアミノ酸とベタインの働きで肌のうるおいを保ちます。
pH:5.4、粘度:12000mPa・s
安定性:-5℃、0℃、5℃いずれも1ヶ月○
起泡力:120mm(オステライザー法:1g→300ml, 精製水)