表示名称、原料、処方例の検索ができる化粧品技術者のためのデータベースサイト

処方例 詳細 

α-C配合モイスチャークリーム
No.MSC002C
提供 太陽化学株式会社[公式サイトへ]
剤型分類 O/W型フェイスクリーム
特長 ・肌なじみが良く、みずみずしい感触のクリームです。
・経時安定性に優れ、クリームの性状の変化が少ないです。

◆外観・性状:乳白色クリーム
◆pH (10% aq.):6.5~7.0
◆硬度(レオメーター、25℃) :10~15g/cm2
◆安定性:5℃, 40℃, 室温:3ヶ月安定、50℃:1ヶ月安定

<検証データ>
弊社までお問い合わせください
・クリームのなじみ感評価

この処方の開発には十分な検討をしておりますが、製品化の際の性能、安全性、安定性、工業所有権等を保証するものではありません。
製品化については十分にご検討下さいます様、お願い致します。
処方箋
No.原料表示名称INCI%
1WATER Up to 100.0
2サンソフト α-Cステアリン酸ポリグリセリル-5、ステアリン酸グリセリルPOLYGLYCERYL-5 STEARATE, GLYCERYL STEARATE5.00
3グリセリンGLYCERIN5.00
4防腐剤-適量
5pH調整剤-適量
6サンオイル MCT-7トリ(カプリル酸/カプリン酸)グリセリルCAPRYLIC/CAPRIC TRIGLYCERIDE14.00
7サンオイル DDIデカイソステアリン酸ポリグリセリル-10POLYGLYCERYL-10 DECAISOSTEARATE3.00
8TAISET 50-Cベヘン酸グリセリル、オクタステアリン酸ポリグリセリル-6GLYCERYL BEHENATE, POLYGLYCERYL-6 OCTASTEARATE3.00
9オリーブ油OLEA EUROPAEA (OLIVE) FRUIT OIL10.00
10ジメチコン (50CS)DIMETHICONE1.00
11ベントナイト (3%水膨潤液)ベントナイトBENTONITE10.00
12BGBUTYLENE GLYCOL5.00
13キサンタンガムXANTHAN GUM0.30
調製方法
  1. 1,2を約85℃で混合後、約70℃で事前に混合した3〜5を加える
  2. 約70℃で事前に混合した6〜10を[調製方法1]に加える
  3. [調製方法2]を加温停止し、ホモミキサーで攪拌(10,000rpm、5分間)
  4. [調製方法3]に11と事前に分散した12、13を加える
  5. [調製方法4]をホモミキサーで攪拌(10,000rpm、5分間)
使用原料
お問い合せ
問い合わせ先の会社ロゴ
太陽化学(株)
カスタマーサービスセンター第3部
TEL:03-5470-6800
FAX:03-5470-6804
webでのお問い合わせ:https://www.taiyokagaku.com/contact/
お気に入りへ登録