表示名称、原料、処方例の検索ができる化粧品技術者のためのデータベースサイト

処方例 詳細 

BBクリーム(ビルベリー葉エキス)
提供 DSP五協フード&ケミカル株式会社[公式サイトへ]
剤型分類 O/W型乳化ファンデーション
特長 ・フランスBerkem社の化粧品用有効成分で、ビルベリーから抽出したポリフェノール類を豊富に含むScreen’Protek(スクリーンプロテック)を配合。
・Screen’Protek(スクリーンプロテック)は角化細胞の分化促進し、皮膚バリアを回復するという特徴があります。
処方箋
成分名原料名配合量(%)
A残部
BG、水、ビルベリー葉エキスScreen’Protek3.000
(アクリル酸Na/アクリロイルジメチルタウリンNa)コポリマー、イソヘキサデカン、ポリソルベート800.500
酸化チタン(CI77891)、水、グリセリン、キサンタンガム、クエン酸Na3.000
酸化鉄(CI77492)、水、グリセリン、キサンタンガム、クエン酸Na0.500
酸化鉄(CI77491)、水、グリセリン、キサンタンガム、クエン酸Na0.120
酸化鉄(CI77499)、水、グリセリン、キサンタンガム、クエン酸Na0.025
Bシクロペンタシロキサン6.000
セタノール、ステアリン酸グリセリル、セテス-20、ステアレス-204.000
Cベンジルアルコール、エチルヘキシルグリセリン、トコフェロール0.200
香料0.075
調製方法
  1. A相をのうち、水とScreen’Protekを75℃に加熱し、500rpmで撹拌しながら〈(アクリル酸Na/アクリロイルジメチルタウリンNa)コポリマー、イソヘキサデカン、ポリソルベート80〉を加え、均一なゲルになるまで15分間撹拌する。
  2. 1を75℃、500 rpmで撹拌しながら、A相の顔料を一つずつ加え十分に溶解させる。
  3. A相を75℃、1200 rpmで撹拌しながら、B相を加え、20分間撹拌する。
  4. 室温まで冷まし、ゆっくりと撹拌しながらC, Dを加える。
使用原料
お問い合せ
問い合わせ先の会社ロゴ
DSP五協フード&ケミカル(株)
医薬品・化粧品原料部 化粧品原料課
東京:03-5643-3615
大阪:06-7177-6868
お問い合わせ窓口:https://www.dsp-gokyo-fc.co.jp/contact/
お気に入りへ登録