表示名称、原料、処方例の検索ができる化粧品技術者のためのデータベースサイト

処方例 詳細 

City shield ultra-light styling lotion
Formula #12591-212
提供 アシュランド・ジャパン株式会社[公式サイトへ]
剤型分類 ヘアスプレー・ヘアミスト
特長 material #930514
<処方特長>
white emulsion
大気汚染や紫外線などの日常生活に伴う髪や頭皮の悩みに対処するために作られた、超軽量スタイリングローション。
髪のダメージを減らし、頭皮の健康と快適さの向上に関連する成分が含まれています。
『AQUASTYLE SH-100 (アクアスタイル SH-100)』は、高湿度条件下でも長時間持続する増粘効果のある多機能ポリマーです。
『AQUAFLEX XL-30 (アクアフレックス XL-30)』は、環境汚染から保護して髪質を向上させます。
『PROCATALINE G2(プロカタリン G2)』は、髪を保護し、大気汚染物質から頭皮を浄化するように設計された植物エキスです。
『ESCALOL HP (エスカロール HP)』は、髪のコンディショニングと髪質の改善をしながら、UVライトから髪を保護します
サポートテスト
・髪の損傷(トリプトファン分解試験)
・UV保護テスト
<物性>
pH:5.4 ± 0.3
粘度:12,000 ± 5,000cps (Brookfield RVT | Spindle 5 | 10RPM | 1min | 25℃)

3ヶ月の安定性加速試験、28日間のチャレンジテスト(保存効力試験)に合格。
但し、防腐剤は低く、有効レベルまでの最適化ではありません。
処方箋
原料名成分名供給会社配合量(%)
ADeionized Waterq.s. 100
AQUASTYLE SH-100 (アクアスタイル SH-100)アクリレーツコポリマー、水アシュランド・ジャパン1.10
10% Sodium Hydroxide aq. solution水酸化Na0.15
AQUAFLEX XL-30 (アクアフレックス XL-30)ポリイミド-1、水アシュランド・ジャパン3.40
Propylene GlycolPG3.00
BESCALOL HP (エスカロール HP)ジメチルPABAアミドプロピルラウルジモニウムトシル酸アシュランド・ジャパン0.50
Cerasynt 945 stearate esterステアリン酸グリセリル、ラウレス-23アシュランド・ジャパン1.00
Ceteareth-25セテアレス-250.70
lncroquat Behenyl TMS-50ベヘントリモニウムメトサルフェート、セタノール、BGクローダ2.00
Cetearyl Alcohol (70/30)セテアリルアルコール3.00
ORCHID COMPLEX OS (オーキッド コンプレックス OS)トリ(カプリル酸/カプリン酸)グリセリル、シムビジウムグランジフロルム花エキスアシュランド・ジャパン0.50
CKF-995 siliconeシクロペンタシロキサン信越化学工業0.90
OPTIPHEN BSB-W(オプティフェン BSB-W)水、ベンジルアルコール、安息香酸Na、ソルビン酸Kアシュランド・ジャパン1.00
PROCATALINE G2(プロカタリン G2)水、グリセリン、サルビアヒスパニカ種子エキス、エンドウエキスアシュランド・ジャパン1.00
Belsil ADM 8301 E(アモジメチコン/モルホリノメチルシルセスキオキサン)コポリマー、トリデセス-5、グリセリン旭化成ワッカーシリコーン1.00
PEG-40 Hydrogenated Castor OilPEG-40水添ヒマシ油0.20
Robertet R16-3909香料0.20
調製方法
  1. 容器に水とAQUASTYLE SH-100 (アクアスタイル SH-100)を加え、均一になるまで攪拌混合します。
  2. 1.に水酸化Na水溶液を加え、均一になるまで混合します。
  3. A相の残りの原料を1つずつ加え、均一になるまで攪拌混合し、75℃に加熱します。
  4. 別の容器に、B相全てを混合し、75℃に加熱します。
  5. 75℃で、A相にB相を攪拌しながら加え、15〜20分間混合し、25℃に冷却し始めます。
  6. 55℃で攪拌を遅くし、KF-995を加え、均一になるまで混合します。
  7. 45℃で、Optiphen BSB-WとPROCATALINE G2を加え、均一になるまで混合します。
  8. 35℃で、Belsil ADM 8301Eを加え、均一になるまで混合します。
  9. PEG-40水添ヒマシ油と香料を均一になるまで事前攪拌し、8に投入したの後、均一になるまで混合します。
  10. 必要に応じて、30%クエン酸でpHを調整します。 (粘度は24時間後に測定)
使用原料
お問い合せ
問い合わせ先の会社ロゴ
アシュランド・ジャパン(株)
Tel:03-5566-8705
Fax:03-5566-8682
メール:mfukuda@ashland.com(担当:福田)
お気に入りへ登録