表示名称、原料、処方例の検索ができる化粧品技術者のためのデータベースサイト

新着情報

カテゴリー

書庫

2022年
2021年
2020年
2019年
2018年
2017年
2016年
2015年
2014年
2013年
2012年
2011年
2010年
2009年
2008年
2007年
2006年
2005年
原料情報 (株)シバハシケミファ様からの原料情報追加

・酵母タンパク質、ペプチド、アミノ酸多糖類等で構成され、保湿、細胞再生促進、肌弾力性向上、シワの予防、肌トーンアップ等の多くの機能を持つガラクトミセス培養液などを含む『BIO Galactomyces』
・淡水域に生息する海綿から抽出されたシリカで構成されるマイクロニードルで、有効成分の皮膚への浸透を促進し、肌の弾力性と美しさを維持し、しわの改善、老化防止等の効果に期待できる『Hydrolyzed Sponge』の2件の原料情報をご提供いただきました。
詳細は『◆追加原料』よりご確認ください。
◆追加原料

処方例 (株)GSIクレオス様からの処方例追加情報

・皮膚バリアの損傷と炎症による乾燥状態を著しく改善する水不足に耐える永遠の花ヘリクリスムストエカス由来の流動性のある白いローション『WeLL:WASTE LESS LOTION』
・ヘリクリスムストエカスカルス培養溶解質の原料「HYDRACHRYSUM」を含む流動性のある白いエマルジョンの『PROTECT-UP』
・ヘリクリスムストエカスカルス培養溶解質の原料「HYDRACHRYSUM」を含む濃さのある白いクリームの『EVANESCENT NIGHT CREAM』
・ヘリクリスムストエカスカルス培養溶解質の原料「HYDRACHRYSUM」を含む半透明の化粧水の『SKIN HYDRATION BATH』の4件の処方例をご提供頂きました。
詳細は『◆処方例』よりご確認ください。
◆処方例

原料情報 (株)樋口商会様からの原料情報追加

・カモミールの花のエキスで、有効成分アピゲニンを含有したおり、赤みの原因である炎症促進性因子の生産と放出を抑制し、皮膚のピリピリ感の緩和に期待できる『CHAMOMILLA COSMELENE (020003) / カモミールコスメレン』
・ジンセンの根から抽出したエキスで、主成分としてジンセノシドを含有しており、皮膚細胞のコラーゲン産生促進、細胞外マトリックスを補強し弾力性改善など、バリア機能の強化とハリや弾力の改善効果が期待できる『GINSENG COSMELENE (020006) / ジンセンコスメレン』
・アイビーの茎と葉から抽出したエキスで、弛緩作用による微小循環促進効果、アンチヒアルロニダーゼ効果による毛細血管透過性の調整により、セルライトを除去し、皮膚の凹凸改善、目の下のクマ改善などに期待できる『IVY COSMELENE (020007) / アイビーコスメレン』の3件原料情報をご提供いただきました。
詳細は『◆追加原料』よりご確認ください。
◆追加原料

原料情報 (株)イクノス様からの原料情報追加

・ブルターニュ地方で収穫したラミナリアディギタータ由来の原料で、ミトコンドリアDNAの保護、ネットワークを再生、細胞呼吸の再活性化に期待できる『ミトバランス-G』
・ミトコンドリアケアに特化した原料で、酸化ストレスによるDNAの断片化を防ぎ保護する。 またミトコンドリアのネットワークを再生し、細胞呼吸の再活性化に期待できる『ミトバランス-P』の2件の原料情報をご提供いただきました。
詳細は『◆追加原料』よりご確認ください。
◆追加原料

原料情報 (株)小桜商会様からの原料情報追加

・環境配慮型原料で、使用環境にも人にもやさしい加熱溶解型(機械不要)のシンデット素地(シャンプーバー原料)の『SYNDPOUR 200MB』の原料情報をご提供いただきました。洗顔身体用にも使用可能です。
詳細は『◆追加原料』よりご確認ください。
◆追加原料

原料情報 セティ(株)様からの原料情報追加

・フィンランド産キノコの発酵産物で、熱や痛みの情報を脳に伝達するTRPV1チャネルを阻害し、肌に鎮静、冷却作用、細胞レベルでの熱ダメージケア、UVケア製品に熱ケアでプラスワンの効果を付与することができる『Chillfolin(チルフォリン)』の原料情報をご提供いただきました。
詳細は『◆追加原料』よりご確認ください。
◆追加原料

原料情報 (株)シー・アクト様からの原料情報追加

・未利用の米粉から美容成分を抽出したコメエキスで、皮膚への連用塗布、単回塗布による保湿効果、肌細胞の活性化が期待できる天然保湿素材の『コメセラミド』の原料情報をご提供いただきました。
詳細は『◆追加原料』よりご確認ください。
◆追加原料

業界情報 化粧品の成分表示名称リスト No.41

粧工連から2021年3月31日に「化粧品の成分表示名称リストNo.41」が発行されました。252件の新規名称が掲載されています。情報の入力作業を開始しましたのでCosmetic-Info.jpでの掲載までしばらくお待ちください。

処方例 グリコ栄養食品(株)様からの処方例追加情報

・「POs-Ca」を配合したスキンケアローション処方で、「POs-Ca」は馬鈴薯デンプンから得られるリン酸化オリゴ糖のカルシウム塩であり、高い水溶性、弱電解質の性質を示し、保湿効果、肌のターンオーバーの正常化を確認している『POs-Ca®配合スキンケアローション』の処方例をご提供頂きました。
詳細は『◆処方例』よりご確認ください。
◆処方例

原料情報 (株)イクノス様からの原料情報追加

・エストニアで採取した紅藻由来の原料で、EGFの遺伝子発現促進、真皮内のヒアルロン酸の合成促進、接着タンパク質と角質層タンパク質の増加による皮膚貯水量の維持機能など、即時的・長期的保湿効果に期待できる加水分解紅藻エキスなどを含む『ロデッセイ-P』
・『ロデッセイ-P』の防腐剤をフェノキシエタノールからフェネチルアルコールに変更した『ロデッセイ-PA』の2件の原料情報をご提供いただきました。
詳細は『◆追加原料』よりご確認ください。
◆追加原料