表示名称、原料、処方例の検索ができる化粧品技術者のためのデータベースサイト

新着情報

カテゴリー

書庫

2024年
2023年
2022年
2021年
2020年
2019年
2018年
2017年
2016年
2015年
2014年
2013年
2012年
2011年
2010年
2009年
2008年
2007年
2006年
2005年
原料情報 IMCDジャパン(同)様からの原料情報追加 new

『TPD40-AB』(酸化チタン、安息香酸アルキル(C12-15)など) → 平均粒子径約15nmの透明性の高いナノサイズ酸化チタンディスパーション。
『TXD60-D5』(酸化チタン、シクロペンタシロキサンなど) → 平均粒子径約30nmの透明性の高いナノサイズ酸化チタンディスパーション。
『T80TINA-75AK』(酸化チタン、(C9-12)アルカンなど) → 平均粒子径約500nmのナノ非該当の酸化チタンディスパーション。
『TZ50-CCTG』(酸化チタン、酸化亜鉛など) → 酸化チタンと酸化亜鉛のディスパーション。など、全9件の登録です。
追加原料一覧

原料情報 オリザ油化(株)様からの原料情報追加

『オリザステロール-LC』(フィトステロールズなど) → 米ぬか及び米胚芽から抽出した水溶性液体で、エモリエント作用があります。
『シーベリーエキス-PC』(ヒポファエラムノイデス果実エキスなど) → 炎症因子産生抑制、抗酸化作用、創傷治癒作用に期待できます。
『パッションフラワーエキス-PC』(チャボトケイソウエキスなど) → 肌の色ムラ改善、エンドセリン遺伝子発現抑制作用、抗酸化作用があります。
『リゾバイン®-LC』(アンペロプシスグロセデンタタ葉エキスなど) → 藤茶の葉から抽出した水溶液で、抗酸化作用に期待できます。など、全7件の登録です。
追加原料一覧

原料情報 アンチエイジング(株)様からの原料情報追加

『Pentide-NMN(ペンタイド-NMN)』(ジヒドロナイアシンアミドリボシドアセチルトリ-t-ブチルトリプトファンなど) → 肌専用の浸透型NMN誘導体で、皮膚細胞内でNMNに変換されます。
追加原料一覧

原料情報 IMCDジャパン(同)様からの原料情報追加

『MT-100SJTV』(酸化チタン、水酸化Alなど) → 平均粒子径約15nmの針状(ニードル状)酸化チタンです。
『TX-85』(酸化チタン、ジメチコンなど) → 平均粒子径約30nmのSCCS準拠のナノサイズ酸化チタンです。
『T-80』(酸化チタン、シリカなど) → 平均粒子径約500nmのナノ非該当の酸化チタンです。など、全10件の登録です。
追加原料一覧

原料情報 (株)寿ケミカル様からの原料情報追加

『CutiFine CLR(キューティファイン CLR)』(ドウカンソウ花/葉/茎エキス、バオバブ果肉エキスなど) → 毛穴を分かりにくく、色を調節し、皮膚の色と馴染むようにします。
追加原料一覧

原料情報 (株)GSIクレオス様からの原料情報追加

『Sagacious(サガシオス)』(ヒマンタリアエロンガタエキスなど) → より深い肌部位でのほうれい線の劇的な改善に期待できます。
追加原料一覧

原料情報 (株)アンコール・アン様からの原料情報追加

『クロモジ蒸留水 (アンコール・アン)』(クロモジ葉/枝水など) → 抗菌活性が強く、また香りはリラックス効果が期待できます。
追加原料一覧

原料情報 IMCDジャパン(同)様からの原料情報追加

『SUNCLEAR-Z50(K)』(酸化亜鉛、安息香酸アルキル(C12-15)など) → SCCS準拠のナノサイズ酸化亜鉛ディスパーション。
『ZINA-75B』(酸化亜鉛、アジピン酸ジブチルなど) → 30nm粒度が揃った非常に透明性の高い酸化亜鉛ディスパーション。
『OLEO-Z75C5C』(酸化亜鉛、(カプリル酸/カプリン酸)ヤシアルキルなど) → ロッド状200nmのセタノール処理酸化亜鉛鉛ディスパーション。
『Z65M』(酸化亜鉛、トリ(カプリル酸/カプリン酸)グリセリルなど) → 約150nmのアルキルシラン処理酸化亜鉛ディスパーション。など、全9件の登録です。
追加原料一覧

原料情報 (株)樋口商会様からの原料情報追加

『即時リフトアップ 天然由来100% バオバブ果肉のアップサイクルパウダーエキス/LIFTISS SCX (001042)』(バオバブ果肉エキスなど) → 有機酸(AHA)と天然糖成分(ガラクツロン酸)を豊富に含むゲル状の製品です。
『3つのオタネニンジンブレンドエキス/COMPLEXE 3G (001064)』(エゾウコギ根エキス、アメリカニンジン根エキスなど) → 鎮静・保護作用、新陳代謝促進作用、抗酸化作用などが期待できます。
『サクランボの茎エキス/CHERRY STALK HYDROGLYCOLIC EXTRACT(300819)』(スミノミザクラ柄エキスなど) → 抗酸化作用、保湿、栄養補給などの作用が報告されています。
追加原料一覧

原料情報 (株)TriBeaute様からの原料情報追加

『TB-EGF(10ppm)』『TB-EGF(1ppm)』(ヒトオリゴペプチド-1など) → 皮膚組織に存在する成長因子EGFの10ppmと1ppmの濃度品です。ターンオーバーの促進や抗炎症の効果に期待できます。
『TB-IGF2(10ppm)』『TB-IGF2(1ppm)』(合成ヒト遺伝子組換ポリペプチド-31など) → ポリペプチドIGF2の10ppmと1ppmの濃度品です。
追加原料一覧