表示名称、原料、処方例の検索ができる化粧品技術者のためのデータベースサイト

新着情報

処方例 2021-01-26
ダウ・ケミカル日本(株) / ダウ・東レ(株)様から処方例追加情報 new
・ナチュラルな仕上がりで、肌の上でヨレ・ざらつきが残りにくく、落下におけるひび割れにも強い『コンパクトパウダーファンデーション natural finish & rich texture foundation (CPF 4392)』 ・シルキーな感触、有効成分を肌に届け、強力な抗酸化作用でシワを低減できる『O/W スキンセラム silky touch anti-wrinkle serum (CPF 4391)』 ・自然由来成分94%、ジェンダーフリーなO/Wミルキーローションで、すべての肌質の方に保湿効果があり、簡単に塗り広げられ、なめらかで軽い感触の『SAVVY (CPF 4385)』の3件の処方例をご提供頂きました。 詳細は『◆処方例』からご確認ください。 ◆処方例
原料情報 2021-01-25
(株)GSIクレオス様からの原料情報追加
・幹細胞を活性化させる天然由来のペプチドで、サイトカインに働きかけて幹細胞を増殖させ、コラーゲン合成を促進し、シワを改善する『SoyStem(NB)』 ・豊富な抗炎症成分を含むイタドリの根から抽出したエキスで、美白効果も期待できる『HerbEx Resverol 0.5』 ・ツボクサ由来の「マデカッソシド」を高濃度で抽出し、紫外線によって引き起こされるシミだけでなく、水溶性美白原料としても期待できる『MadeWhite』 ・ヒジキ由来のフコダインをオリゴ化した「オリゴフコダイン」含有有効成分で、幹細胞や線維芽細胞の増殖促進効果を有するサルガッスムフシフォルムエキスの『Fuligo』などの10件の原料情報をご提供いただきました。 詳細は『◆追加原料』からご確認ください。 ◆追加原料
原料情報 2021-01-22
相互薬工(株)様が参加
原薬を通じて得られた合成技術を生かし、機能性化粧品原料などの開発・製造を行っており、安全・技術力・スピード・品質・環境をキーワードにライフサイエンス分野へのニーズに応えるべく、「チャレンジ」の精神で企業努力を重ねている相互薬工株式会社様が、Cosmetic-Info.jpに参加されました。 ・整腸効果のあるパンテテイン類縁物質に着目し、開発した美白原料で、他にUV-B防御効果、抗炎症効果、吸湿・保湿効果、養毛効果も期待できる『Calcium D-Pantetheine-S-sulfonate 70』 ・優れた活性酸素消去能を持つ抗酸化剤で、アミノ酸誘導体で保湿効果もある『チオタウリン』 ・活性酸素消去能を持つ抗酸化剤で、アミノ酸誘導体で保湿効果もある『ヒポタウリン』の3件の原料情報をご提供いただきました。 詳細は『◆相互薬工の原料』をクリックしてください。 ◆相互薬工の原料
処方例 2021-01-22
太陽化学(株)様から処方例追加情報
・O/W乳化物で、軽やかにのび、すばやく肌になじみ、独特の保湿感が長く続く『ボディミルク』 ・粉体が良く分散し、クリームを肌上に塗布するときの白浮きを防ぐ『O/Wサンスクリーンクリーム』 ・バルク粘性が上昇する事で、泡持ち・泡強度が向上する『弱酸性泡ボディシャンプー』 ・ノンシリコーン処方で、毛先まで均一になめらかな感触を付与し、ツヤとまとまりのある感触を与え、翌日まで持続する『ノンシリコーンヘアパック』 ・100%食品素材のハンド殺菌ジェルで、アルコールが揮発後も静菌効果が期待できるだけでなく、アルコールによる肌の乾燥を防ぐ『ハンド殺菌ジェル(食添)』などの16件の処方例をご提供頂きました。 詳細は『◆処方例』からご確認ください。 ◆処方例
原料情報 2021-01-21
(株)エル・ビー・エイチ様からの原料情報追加
・2種のバラ胎座(プラセンタ)細胞を発酵・培養し抽出したエキスで、デリケートゾーンケア(フェミニンケア)用として、膣の乾燥・かゆみ・硬さ・鱗肌・紅斑・丘疹・膣常在菌の調整・PHの 調整等に有効を示すダマスクバラ胎座培養エキスの『INROSE』の原料情報をご提供いただきました。 詳細は『◆追加原料』からご確認ください。 ◆追加原料

Google News

ヴィーガン化粧品市場に本格進出=韓国MOIDA〔BW〕
同製品は動物性の原料を使用せず、英国のヴィーガン協会認証を獲得済みの原料を使用。動物実験をせずに皮膚低刺激テストを完了した。肌荒れを ...
ナリス化粧品、ふきとりの日に企業資料館「成寿殿」をオープン
また、「化粧品開発技術」として、自社独自の美容理論や自社開発原料に加え、1984年より展開する主力のスキンケアブランド「マジェスタ」の進化 ...
金属化粧品包装市場分析一流の業界専門家による技術革新と2028年までの予測
Аlоngwіthquаlіtаtіvеіnfоrmаtіоn、電気自動車市場 rероrt іnсludеs A quаntіtаtіvе аnаlуѕіѕ оf vаrіоuѕ ѕеgmеntѕ іntеrmѕ оf mаrkеt ѕhаrе thіѕ インフラ、 ...

Googleカスタム検索