表示名称、原料、処方例の検索ができる化粧品技術者のためのデータベースサイト

新着情報

原料情報 2022-12-01
BASFジャパン(株)様からの原料情報追加 new
・100%植物由来のソフトなワックス状エモリエント剤で、肌にソフトな感触を付与し、保湿性を高める『Cetiol® SoftFeel セチオールソフトフィール』 ・滑らかで軽い肌触りを実現し、皮脂吸収、肌のテカリを強力に抑える効果に期待できる『Verdessence™ RiceTouch ベルデッセンスライスタッチ』 ・皮膚に有用な乳酸菌の一種を生きた状態で提供でき、コラーゲンの合成を活性化させ、細胞収縮の頻度を減少させることで、シワの発生を抑え、真皮の密度を向上させる『ProbioLift™ プロバイオリフト』などの4件の原料情報をご提供いただきました。 詳細は『◆追加原料』よりご確認ください。 ◆追加原料
原料情報 2022-11-30
(株)GSIクレオス様からの原料情報追加
・海の中のミクロな宝石珪藻由来の原料で、炎症を鎮める即効性の強力な抗炎症効果と、優れた皮膚バリア機能の改善効果に期待できる『ALGAKTIV Optimmunist (Powder)』の原料情報をご提供いただきました。 詳細は『◆追加原料』よりご確認ください。 ◆追加原料
原料情報 2022-11-29
(株)伊那貿易商会様からの原料情報追加
・クエン酸とイソステアリルアルコールのトリエステルで、クエン酸の水酸基を残しているため、ある程度の親水性をもちあわせており、エマルジョン形成・濡れ性の向上に役立つ『Pelemol TISC』の原料情報をご提供いただきました。 詳細は『◆追加原料』よりご確認ください。 ◆追加原料
原料情報 2022-11-28
(株)樋口商会様からの原料情報追加
・規格外のマスクメロンの果実を使用したアップサイクルな果実エキスで、肌を保湿し、しなやかで健康的な状態にする『プロバンス産マスクメロンの保湿エキス/ORGANIC HYDRALYS M(010004)』 ・新世代の低刺激ピーリング成分「ケト酸」を高含有したハイビスカスの花のエキスで、AHAのピーリングと同じ効果でありながら、刺激性が低い『ソフトピーリング ハイビスカス花エキス/FLOWER ACIDS SC(001052)』 ・発酵技術によって、AHAの濃度を極限まで高めたラズベリー果実エキスで、AHAによる角質除去効果により、皮膚再生促進が期待できる『発酵ラズベリーピーリングエキス/RASPBERRY FERMENTEDAQUEOUS EXTRACT (SB) (340421)』 ・ジュースやジャムなどを製造する際に廃棄されるオレンジの皮をアップサイクルしたスクラブ剤『オレンジ果皮/ORANGE PEEL POWDER (910098)』の4件の原料情報をご提供いただきました。 詳細は『◆追加原料』よりご確認ください。 ◆追加原料
原料情報 2022-11-28
エイチ・ホルスタイン(株)様からの原料情報追加
・キオスマンダリンの皮をアップサイクルしたエキスで、肌の赤み、弾力、ハリなどの改善に期待できる『カルマンダリン(CALMandrin)』 ・イワベンケイエキスとムラサキバレンギクエキス混合原料で、毛穴の占める領域の割合、皮脂量、オイリースポット、肌弾力、保湿の改善に期待できる『エキオセブ(ECHIOSEB)』 ・西ギリシアの標高400mの場所で有機栽培されている植物で、酸化ストレスからの保護、肌の抗酸化能の回復に期待できるシデリチススカルジカ花/葉/茎エキスの『マウンテンティー プロ(Moutain Tea Pro)』 ・トウモロコシ由来の低刺激性、生体適合性、生分解性グリコーゲンで、ATP産生やセラミド産生、繊維芽細胞における細胞増殖能向上、コラーゲン産生、ヒアルロン酸産生が確認できている『フィトスフェリックス(PhytoSpherix)』などの5件の原料情報をご提供いただきました。 詳細は『◆追加原料』よりご確認ください。 ◆追加原料

Google News

クリーンでサステナブルなのに機能的!パワフルな超高濃度美容液で、ふっくらハリ肌へ
エポリペアエッセンスエクストラクトも、たった5種類の原材料で構成されてい ... ※5 (保湿成分)プラセンタ・サイタイエキス※6 原液:化粧品原料として.
資生堂、タンパク質繊維を用いた化粧品原料を共同開発 - 週刊粧業
資生堂は、日系バイオベンチャーの「Spiber(スパイバー)」が開発した、植物由来のバイオマスを原材料とし、生分解性を有する構造タンパク質「Brewed ...
皮膚に浸透・細胞に供給する化粧品テクノロジーPentide について、パートナー企業と共同で原料 ...
2012 年よりヒト幹細胞培養液を日本に導入、化粧品原料として提供を続けているアンチエイジング株式会社(本社:東京都港区南青山)は、2022 年8 月設立10 ...
粧業日報2022年11月30日(第15825号) - 化粧品業界人必読!週刊粧業オンライン
資生堂、タンパク質繊維を用いた化粧品原料を共同開発~循環型原料として機能性と持続可能性を両立. □牛乳石鹼共進社相談役(元社長)、宮崎仁之氏が死去 ...
コンパニオンアニマル事業を開始/ロート製薬 - 健康美容EXPO ニュース
同社は創業以来、OTC医薬品やスキンケア化粧品を中心として人々の美と健康をご ... Brewed Protein™️繊維を基にサステナブルな化粧品原料を共同開発/資生堂.
元乃木坂 深川麻衣やMEGUMIが出演するテレ東系ドラマの第7話に - サンスポ
いま最も注目されているエイジングケア化粧品原料である「ヒト幹細胞培養液」の中でも、由来別で最も効果が期待されるものが「骨髄由来」です。 しかしながら ...
皮膚に浸透・細胞に供給する化粧品テクノロジーPentide について、パートナー企業と共同で原料 ...
そのため生体内利用率の高いビタミンC 誘導体となっている。この「Pentide-C」は2021 年に行われたCITE JAPAN 2021 アワードにおいて、技術賞の金賞を受賞した。
資生堂、タンパク質繊維を用いた化粧品原料を共同開発 - 週刊粧業
スパイバーが独自技術によって開発したBrewed Protein繊維は、サトウキビやトウモロコシ由来の糖類など植物由来のバイオマスを主原料に、微生物による発酵 ...
皮膚に浸透・細胞に供給する化粧品テクノロジーPentide について、パートナー企業と共同で原料 ...
同社では細胞浸透型ペプチド:CPP を用いた浸透・細胞へのデリバリー技術Pentide を用いた新原料の上市を2022 年の年末に予定している。 Pentide 技術の興味深い ...
2022年から2032年の予測期間中に急速な技術的進歩の恩恵を受ける化粧品ワイプ市場
2022年から2032年の予測期間中に急速な技術的進歩の恩恵を受ける化粧品ワイプ市場:Fact.MR · 製品タイプ、最終用途、および地域に基づく化粧用ワイプの断片化。
日本と世界の人と伝統文化、技術、産業などの背景が見えるエシカルな製品を通じて ... - エキサイト
サステナブルな化粧品を開発・販売する株式会社エイチラボ(本社:東京都渋谷区、代表取締役:大平ひとみ)は、日本と世界の作り手や文化、産業などの ...
化粧品血清 市場規模、範囲、予測の成長、新しいアップデート、事業拡大、2028 年のグローバル ...
化粧品血清 市場は、レビュー期間2022-2028のバリューチェーン評価の正確な分析 ... これには、歴史的および技術的な出現化粧品血清 、マクロ経済および支配 ...

Googleカスタム検索