似顔絵 バッジ

 化粧品処方開発者の皆さん、全成分表示で困っていませんか? 私は困っています(苦笑)。まとまった情報が少ないですよね。そこで粧工連が公表している表示名称リストをデータベース化しています。それから、処方開発をしているときに面倒なのが原料探し。メーカーのペーパーカタログやホームページ画面を並べて、目的の原料を探すのは一苦労。まとめることができれば、原料探しは楽になるし、その分、いろいろなメーカーの原料を比較することもできるようになるのにな、と思って原料メーカー様の協力を得ながら原料データベースも作成してます。その他処方例や市販化粧品の全成分リストもデータベース化しています。処方開発や情報収集にどうぞご利用下さい。

  • 化粧品の成分表示名称:13,893件
  • 医薬部外品添加物リスト:3,199件
  • 原料:6,383件 昭栄薬品株式会社の原料(3件)
  • 処方例:672件
  • 市販化粧品の全成分リスト:55,153件
  • 医薬部外品の承認情報:34,387件

御社の原料をご登録ください(原料情報を掲載してくださるメーカー様の参加をお待ちしております)。ご案内はこちら。

広告
日油株式会社の広告
株式会社マツモト交商の広告
株式会社テクノーブルの広告
日光ケミカルズ株式会社の広告
新着情報
原料情報追加

 (株)イクノス様から、表皮を覆う水分と脂質が乳化したハイドロリピッドフィルム(HLF)の回復と補強的目的で、表皮脂質の合成促進、皮脂の量と質を改善、プロテオグリカンの産生促進による潤い保持する「ワカメエキス」複合原料の原料情報をご提供いただきました。
◆追加原料

原料情報追加

 山川貿易(株)様から、ツボクサの葉柄由来の幹細胞から成長因子や活性物質等を濃縮し、肌の老化プロセスを逆行させるペプチドを豊富に含み老化細胞の若返り、皮膚構造の再構築、顔色改善に効果がある「ツボクサカルス順化培養液」。安定な結晶型へ速やかに移行し、高い酸化安定性で、エモリエント作用で柔らかく、べたつかない持続する保湿作用がある「ショレアステノプテラ種子脂」の2件の原料情報をご提供いただきました。
◆追加原料

原料情報追加

 大阪ガスケミカル(株)様から「医薬部外品原料規格2006」適合品の極めて優れたチキソトロピー性を示し、滑らかな肌触り、べとつきの無い感触の化粧品を得ることができるだけでなく、乳化作用を持ち、安定したエマルションを形成する「ケイ酸(Na/Mg)」の原料情報をご提供いただきました。
◆追加原料

原料情報追加

 (株)イクノス様から、皮膚の常在菌の強化、皮膚のPHバランスを回復する効果が期待できる「ラミナリアディギタータエキス」「クロレラエキス」の複合原料。抗酸化防御力の促進、肌の抗菌力促進、皮膚の酸化供給を改善、リペア効果、プロリンの合成によるコラーゲン生成促進の効果が期待できる「加水分解紅藻エキス」の複合原料の2件の原料情報をご提供いただきました。
◆追加原料

化粧品の成分表示名称リスト No.33

 粧工連発行の「化粧品の成分表示名称リストNo.33」に掲載された表示名称を追加しました。これで化粧品の成分表示名称データベースは13,894件になりました。
 一部は弊社の判断にて修正した箇所もあります。もしご利用されている際に、入力ミスや何かお気づきになられた場合は、メールなどでお気軽にご連絡ください。
 窓口:anazawa@studio-hisamitsu.jp

原料情報追加

 エイチ・ホルスタイン(株)様から、即効性&長期的抗シワ効果、抗ブルーライト効果をもつ「シュードアルテロモナス発酵エキス」。肌のトーンを均一にし毛穴を縮小。肌バリア改善、保湿等の効果が期待される「イソマルト」「フィトール」の複合原料。汚染物質によるダメージからの保護能力を向上させるといった効果が期待できる「オオグルマエキス」。皮膚バリアの改善効果、保湿やブライトニング効果が期待できる「ヒト脂肪細胞順化培養液エキス」などの8件の原料情報をご提供いただきました。
◆追加原料

原料情報追加

 (株)成和化成様から、アルギニンとグリセリンからなる新しいタイプの機能性保湿剤で、肌や毛髪にしっかり吸着し、うるおい効果が長く持続する「ジヒドロキシプロピルアルギニンHCl」。毛髪にしっとり感とやわらかさを与えるのが特徴の「加水分解コムギタンパク」。コムギペプチド(加水分解コムギタンパク)のN末端をカチオン化することで、傷んだ毛髪への吸着性を高め、毛髪に柔軟性と 帯電防止能を付与する「ココジモニウムヒドロキシプロピル加水分解コムギタンパク」などの6件の原料情報をご提供いただきました。
◆追加原料

大阪ガスケミカル様が参加

 高い技術力とブランド力で世界トップクラスのシェアを誇る製品を開発・製造・販売し、研究開発力の強化やグローバル展開を積極的に行なっている化学メーカー大阪ガスケミカル株式会社様が、Cosmetic-Info.jpに参加されました。
 立方体形状による特徴的な光の散乱と高い屈折率による優れた光の散乱により、良好なソフトフォーカス性を示し、ファンデーション等のメイクアップ化粧品に対して、特徴ある良好な感触が期待される「アルミノケイ酸Na」の原料情報をご提供いただきました。
◆大阪ガスケミカルの原料

原料情報追加

 (株)伊那貿易商会様から、藍藻類の一種Spirulina platensisの全藻から水・グリセリンで抽出した「スピルリナプラテンシスエキス」。三種類のバラの花から水・BGで抽出物した「ロサアルバ花エキス」「ハイブリッドローズ花エキス」「センチフォリアバラ花エキス」複合原料の2件の原料情報をご提供いただきました。
◆追加原料

処方例追加

 日本精化(株)様から密着オイル配合で、潤いととろみをプラスした化粧水「Oil in Lotion」(Phytocompo-SP、Plandool-G配合)の処方例をご提供いただきました。
◆処方例

過去の記事を見る
化粧品技術茶会化粧品成分検定協会
ログイン
ユーザー名
パスワード
ツールバー
広告
News C.I.
Cosmetic-Info.jpの新着情報がメールで読める無料メールマガジン
googleニュース検索
「界面活性剤」って本当に悪いもの?真の姿を知ろう
しかし、界面活性剤なくしては化粧品を作ることが難しいといわれており、私たちの生活の中では必需品でもあるのです。 ... 化粧品の主な原料は、水と油です。