ここでは、処方に使用する各成分の有機性値と無機性値を入力することで有機概念図を作成することができます。まずこれから有機概念図を作成しようとする処方に名前を付けて、[作成画面へ]をクリックして下さい。

処方の名前

過去30日以内に使用したデータを呼び出して再利用する場合は下記にデータ番号とパスワードを入力して[データ呼出]をクリックしてください。(30日以上使われていないデータは自動的に削除されています。)

データ番号
パスワード

ある化合物の物理化学的物性について、主にVan Der Waals力による物性の程度を「有機性」、主に電気的親和力による物性の程度を「無機性」と名付けます。化合物の物性をこの「有機性」と「無機性」の組み合わせでとらえ、乳化系の性状を予測するのが有機概念図です(日本エマルジョン(株)のページ(https://www.nihon-emulsion.co.jp/tech/organic.html)に詳しい解説があり、資料請求もできます)。

化粧品に使用される主な成分や原料の有機性値、無機性値は本サイトの成分データベース、原料データベースで検索することもできますし、日本エマルジョン(株)のホームページから冊子をPDF形式でダウンロードすることもできます。

広告