粧工連とCosmetic-Info.jpでの表示名称などの表記の違いについて

Cosmetic-Info.jpの表示名称データベースは粧工連発行「化粧品の成分表示名称リスト」をベースにしていますが、異なっている点がいくつかあります。これは弊社の入力ミスによるものかもしれません。弊社の入力ミスを発見された方は(有)久光工房 hisamitsu@office.email.ne.jp までメールでご連絡いただけると幸いです。状況を確認して早急に対応いたします。しかし、入力ミスではなく弊社独自の解釈によってあえて粧工連のリストとは異なった表記をしているものがありますので、ここでその例を挙げておきます。

オレンジ油
「No.1およびNo.2改訂版」ですでに定義されているにもかかわらず、No.13にて微妙に異なる定義で再度掲載されています。これは異なる定義の2つの成分が同一の表示名称で登録されているということになるのか、古い方は廃止にして定義のつけ直しをしたと解釈すべきなのか迷うところです。Cosmetic-Info.jpではNo.13のオレンジ油の掲載を一時見合わせています。
オオミノトケイソウ果実エキス
定義中に学名をPassifrola quadrangularisと記載していますが、インターネットなどでオオミノトケイソウの学名を検索するとPassiflora quadrangularisが正しいようです。事実同一植物のエキスであるオオミノトケイソウ花エキスでは定義中で学名をPassiflora quadrangularisと記載しています。Cosmetic-Info.jpではPassiflora quadrangularisにそろえています。定義中における学名のスペルミスと思われる同様の事例はチノリモ/亜鉛発酵液、ジャガイモエキス、キウイ種子エキス、オオサルビアエキスなどでもみられます。Cosmetic-Info.jpではこれらについてインターネットや植物図鑑などを調べた結果から正しいと思われる学名を当社の判断で表記しています。
シスツスラダニフェルスエキス
INCIの音読みから考えるとシスツスラダニフェルスエキスとなるはずです。おそらく表示名称のスペルミスと思われます。同一植物由来のシスツスラブダニフェルス樹脂は「ブ」が入っています。Cosmetic-Info.jpではシスツスラブダニフェルスエキスと表記することにしました。同様に表示名称のスペルミスと思われるのが「(トリフルオロプロピルジメチコン/トリフルオプロピルジビニルジメチコン)クロスポリマー」で、これは「(トリフルオロプロピルジメチコン/トリフルオプロピルジビニルジメチコン)クロスポリマー」ではないかと思われます。「(ヒマシ油/IPID)コポリマー」もイソホロンジイソシアネートの頭文字から考えると「(ヒマシ油/IPDI)コポリマー」が正しいと思われます(INCIはIPDIになっています)。Cosmetic-Info.jpではこのような例において当社の判断で正しいと思われる表示名称で記載しています。
ツルエレイシ果実エキス
INCIがスペルミスではないかと思われます。同様なINCIのスペルミスと思われるものに乳酸桿菌/ワサビ根発酵エキス、ダイマージリノレイル水添ロジン縮合物、(アクリレーツ/t−ブチルアクリルアミド)コポリマーなどがあります。Cosmetic-Info.jpではこのような例において当社の判断で正しいと思われるINCIで記載しています。

以上は2003.8.27現在で確認していた現象です。これら以外にも同様の理由で粧工連発行の「化粧品の成分表示名称リスト」とは異なる表示をしているものがいくつかあります。粧工連からは適時正誤表が配布されており、ここに挙げている例の多くは修正済みとなっています。しかし、年に数百件のペースで増加する表示名称のリスト化において上記のような事例は続いております。以上のように、Cosmetic-Info.jpでは粧工連発行「化粧品の成分表示名称リスト」とまったく同一のリストを提供しているわけではないことをご理解ください。よろしくお願いいたします。